Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Crazy Clown Time / David Lynch
2011年 11月 17日 (木) 23:08 | 編集
davidlynch_crazyclowntime.jpg
" Crazy Clown Time " / David Lynch

 まさかこのブログでデヴィッド・リンチを扱うことになるとは。説明不要だとは思うけど、アメリカの映画監督として名が知れ渡っている人物である(個人的に、彼の監督作では圧倒的に初期作が好き。「イレイザーヘッド」、「エレファントマン」、「ブルーベルベット」あたり)。その彼が1月のEPに続いて、フルアルバムを完成させた。これまでの音楽活動は部分的な参加に留まっていたので、まさかソロアルバムまでという驚きを隠せないのだが、ただ確かに以前も―(記憶が正しければ)マルホランドドライブのDVD特典映像で―自身と音楽との関わりは強く映画制作と音楽制作の類似性について(かなり主観的に)語っていたはず。それを考えれば、こうして音楽制作に注力するというのも頷けるか。当然、作曲とプロデュースはリンチ自身によって行われている。
 作曲も手がける映画監督といえば、チャップリン、クリント・イーストウッド、ジョン・カーペンター、シルヴァン・ショメ辺りが浮かぶだろうか。彼らは自身の映像の世界観にマッチする形で、「映画のための音楽」を作ってきた。が、今作は根本的にそれらとは趣きが違う。映像を引き立たせる意味での「映画的な音楽」ではなく、音楽それ自体がまるで映画のワンシーンのようなのだ。実に様々な工夫を凝らして、リンチ的な世界観が形作られていく。銃声、呻き声などの効果音、不安定にエフェクトされたヴォーカル、快楽的なエレクトロの使い方、響きを効かせたギターサウンド、乾いたドラム。アメリカ郊外の悪夢を描いてきた彼ならではのドライで、不安定で、暗い、しかし必ず分りやすいところも配置するという彼の映画を観たことがある人ならリンチ的と納得できるはず。近年音楽でここまで風景を描いた作品は稀で、成る程音楽家顔負けという評価も全く外れていない。音楽が持つイメージに興奮したのは久々で、聴く度に虜になっていく。

( 2011 )

[Review] Conditions of My Parole / Puscifer
2011年 11月 06日 (日) 22:39 | 編集

" Conditions of My Parole " / Puscifer

 2ndアルバム。アメリカ随一の変態バンド(もちろん誉め言葉)トゥールのフロントマンであるメイナード・ジェームス・キーナンによるサイドプロジェクト、プシファー。人を食ったようなユーモア、恒常的なプロジェクトではないが故の自由度、そして何よりもメイナード師匠ということで何ともヘンテコなアルバムであった前作"V Is for Vagina"。念仏のようなヴォーカルを披露したり、日本語の"Dozo"がなぜか登場したり、本隊とは違ったおふざけ感に戸惑いつつも軽い気持ちで楽しめるようになっていたように思う。そして今作もプロモ映像やジャケットを見るとナンセンスなユーモアは肝となっているようだが、サウンドには変化がみられる。カントリー、へヴィ・ロック、エレクトロニカを持ち込んで怪しげなサウンドを作り上げてはいるのだが、歌がより伸びやかになり、コーラスが豊かになり、音の要素が整理されていることで聴きやすさが増しているような。浮遊するようなシンセの中でメイナードの美声を味わうことのできる"Tiny Monsters"、"Monsoons"、"Oceans"などはいつもとは違った穏やかさがあり良い。一方で"Telling Ghosts"や"Toma"はへヴィロックらしいカタルシスを十分に感じられる。制作にはメイナードの息子から、ジョン・セオドア、Telefon Tel Avivのヨシュア・ユーステスまで実に様々な人が参加しているのだが―恐らくヴィジョンを共有していたのだろう―とっちらかった印象はまるでない。正直言ってファン向けのアイテム以上の価値はないかもしれないと思っていたプシファーだが、ここまで堅実に良いアルバムを作ってくるとは予想外だ。

( 2011 )



[注目リリース] 2011年11月
2011年 11月 03日 (木) 21:22 | 編集
10月はすっ飛ばしてしまいましたが、11月はやります。では11月の注目リリースです。

≫ "[注目リリース] 2011年11月 " の続きを読む...
2011年10月の購入記録
2011年 11月 03日 (木) 18:19 | 編集
そういえば忘れてました。2011年10月の購入記録です。

新作
・" Mylo Xyloto " / Coldplay
・" Kinshasa One Two " / DRC Music
・" Evanescence "/ Evanescence
・" Enough Thunder (EP) " / James Blake

4作品とリリースラッシュとは思えない少なさ!個人的にAmazon MP3かiTunes Plusでしか購入しないので、購入するものは減ってしまいます。通常のiTunesって128KbpsかつDRMなんであまり買いたくなくなってしまうんですよねぇ~。

でも最近は全曲試聴もよくあるので買ってなくても聴いている量は結構あったりします。レビューもぼちぼち書いていきますよ。

[Review] AHK-toong BAY-bi Covered / Various Artists
2011年 11月 02日 (水) 00:37 | 編集
ahktoongbaybi.jpg
" AHK-toong BAY-bi Covered " / Various Artists

U2の名作"Achtung Baby"が20周年を迎えた。合わせて過去最高に豪華なボックスセットの発売や、ドキュメンタリーの制作など本人達もファンも大きな盛り上がりを見せている。そんな中、英国の音楽雑誌であるQ Magazineの企画で本作の丸々カバー・アルバムが登場。カバーするアーティストも非常に豪華だし、うん、こういった企画は実に偉い!10/25発売号に特典としてCDが付録されたということだけど(Amazonにもそれらしいものが出品されている)、ネットで音源を容易く聴くことが出来たので一通り楽しませてもらった。カバーをした各アーティストへの敬意を込めて全曲紹介したい。

≫ "[Review] AHK-toong BAY-bi Covered / Various Artists " の続きを読む...
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。