Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] The King of Limbs / Radiohead
2011年 02月 27日 (日) 15:58 | 編集

" The King of Limbs " / Radiohead

 8thアルバム。ネット上で突如発表され、早くもパート2が出るのか出ないのかと憶測が飛ぶなど、毎度のこと話題になるレディオヘッド。しかしそんな喧騒とは無縁かのように、アルバムの内容はひたすら自らの音楽を研ぎ澄ましているようだ。"KID A"以降とも言えるエレクトロニカと緻密なバンド・サウンドを駆使して、ダークではあるけれども美しくて儚い音世界を構築しているのは相変わらず。そして今回はダブステップからの影響を感じさせるところも随所に現れて、未だその音楽に再定義を課し続けていることも提示。ただ、生音と電子音の垣根はかつての作品から比べると遥かに低くなっていて、最早どこからが生音かそうでないかが分からないほどに整理されている。主にエレクトロニカ、その他の様々な音楽に対する咀嚼も、ここへきて確立した感が。その替え難い音楽的センスに再び感嘆すると共に、余裕さえ感じてしまう。
 8曲37分という短い時間だが、聴き所は色々とある。積み上げられた刺激的なリズムと前に出たベース音が脳に直接響くような"Morning Mr Magpie" 、緻密なリズムと浮遊感、そして歌が実にスムーズに結実し今作を代表する"Lotus Flower"、否が応にも苗場の夜の森を思い起こさせるような神秘性が支配する"Give Up The Ghost"などなど。決して当たり前では無いサウンドを、スムーズに、軽やかに、コンパクトに描き切ったという意味で彼らの近年の彼らの真価を発揮している1枚。その分、試行錯誤に伴う大きなうねりだとか焦燥感、コマーシャルな部分というのは全てカットされているのでそこに期待している人は素直に"The Bends"と"OK COMPUTER"を取り出そう。

( 2011 )

[Review] Hardcore Will Never Die But You Will / Mogwai
2011年 02月 19日 (土) 18:38 | 編集

" Hardcore Will Never Die But You Will " / Mogwai

 7thアルバム。前々作"Mr.Beast"で轟音ギターを復活させながら、それを短尺の中で実現させたりと凝縮化を見せ、前作"The Hawk Is Howling"では自らのスタンダードをクリアに提示して見せた彼ら。その近年の流れを踏まえると、彼らは自らが作り上げたポストロック方程式(轟音×静寂)に対して頑なになることなく、気持ちがよいと思えるものを肩肘張らずに奏でている印象がある。今作もまさしくその流れの中にあり、攻撃的なタイトルとは裏腹にリラックスしたムードが全体を覆っている。まず、メロディーが優しく親しみやすい。否、彼らの作品がメロディアスでないことは無かったのだけど、今作はポップといえるほど際立っている。そして、音像を形作る音の一つ一つの要素が柔らかい。キーボードやシンセの音色、ヴォコーダー加工された歌など、彼らの作品の中では最も多様性に溢れたものとなっているのだが、そのどれもが洗練を帯びているのだ。その洗練化にはノイジーなギター・サウンドも含まれていて、角立った過去作のサウンドから比べると開放感を伴ったものへと変化している。ただその分音楽的な革新性や耳に残って離れないような引っかかりは少なく、偉大なるマンネリズムに片足を突っ込んでいるような作風なのであしからず。しかしながら、10曲53分という決して短いとはいえない作品をサラッと聴かせてしまうあたり、やはり立役者としての手腕の確かさを証明している。

( 2011 )

- 関連記事 -
・[Live Report] Mogwai @ 恵比寿 LIQUID ROOM( 2006.11.12 )
・[Review] Mr.Beast / Mogwai
[Review] Seefeel / Seefeel
2011年 02月 15日 (火) 23:13 | 編集
seefeel_seefeel.jpg
" Seefeel " / Seefeel

 知る人ぞ知る優良バンド?その道では有名?このシーフィールという存在がどの程度知れ渡っているのかをあまり良く把握していないのだが、過去作の絶賛廃盤中の状況をみるとやはり積極的に評価されてきたバンドとはいえないだろう。雑誌などでも目にする機会は殆ど無かったし、長い間忘れられていた存在だとも言える。しかしそんな彼らこそ、アンビエント/テクノにいち早く接近したポストロック黎明期のバンドで、後発組に大きく与えた存在なのである。そもそも「ポストロック」という名を冠せられたのは彼らが初めてだという。早すぎる(事実上の)活動休止さえしていなければ、IDMにおけるエイフェックス・ツインやオウテカのような立ち位置にいたのかもしれない・・・。
 さて、そんな彼らの15年ぶりの帰還作にして4thアルバム。私がかろうじて入手することが出来た2ndアルバム"Succour"ではまさにアンビエント/テクノへの接近が感じられる内容であったが、それは今作でも健在。硬質ながら浮遊感を感じさせるアブストラクトなサウンドに、彼方から聞こえる儚げなヴォーカル、尖ったノイズ。その幽玄な音響空間は今をしてなお緊張感を保持している。しかし今作の語るべきところはそれだけではなくて。今作には日本人のリズム隊がメンバーとして参加しているのだが、彼らの貢献が作品を更に奥深いものにしている。前面に出たダビーなベースと、強烈に生と感じさせる太いドラムが楽曲にはっきりとした輪郭を与えていると同時にある意味で野蛮さをも与えている。特にドラムの響きには太古というか原始性が感じられて、聴いていて唸るものがある。抽象性と具体性、培ってきたものと新しく手に入れたもの、それらを多分に駆使しながら作り上げた見事な復活作。これは聴いていて気持ちが良い。

( 2011 )
[Review] Thunder Ate The Iron Tree / A Lily
2011年 02月 02日 (水) 23:38 | 編集

" Thunder Ate The Iron Tree " / A Lily

 2ndアルバム。ポストロックバンドYndi HaldaのギタリストであるJames Vellaのソロ・プロジェクトA Lily。ふとした瞬間に試聴したことと、「フォークトロニカ」「ポップでカラフルなエレクトロニカ」といったキーワードだけで手に取り、正直その言葉以上のものが存在しない「ある程度良質な作品」に留まっているのだろうと思っていた。しかし、今作はエレクトロニカだけには留まらない、なかなか豊潤な音楽的背景を享受できるものとなっている。まず、バンド出身のエレクトロニカということで―これは似たような境遇の音楽家にも言えることだが―動きのある展開のはっきりした楽曲が多数収録されている。控えめなイントロから音を次第に足していき、エモーショナルな起伏を作るという一般的な構成はしっかりと抑えているということだ。Yndi Haldaではそれが長尺の中で組曲のように構成されているのだが、今作では比較的短尺で実現されているためとっつきにくさを回避している。そして、何よりも今作を特徴づけているのはトラックを構成する音ひとつひとつ(素材)の幅広さだ。このJames Vellaは音楽を高等教育を受けている音楽インテリらしいのだが、それがいい形で現れていて、アコースティックギターからバンジョー、ピアノその他多彩な生楽器が彩っている。しかもクレジットをみるにストリングスとブラス以外のほとんど楽器はは彼が演奏しているのが驚きだ。こういう類の音楽に限らないが、とりわけエレクトロニカでは後発者が先行者の影となってしまうことが多い中(個人的にはi am robot and proudの影響下にある人が多いと思う)、ジャンルを超えた独自性を獲得している。穏やかさと音に対する審美眼を持ち合わせた、良質な作品。

( 2011 )
[Review] A History Of Now / Asian Dub Foundation
2011年 01月 20日 (木) 23:19 | 編集

" A History Of Now " / Asian Dub Foundation

 7thアルバム。ルーツであるバングラビートにダブ、エレクトロニカ、ドラムンベース、パンクロックなどを織り交ぜ確かなミクスチュアリング感覚を提示してきたエイジアン・ダブ・ファウンデーション。幾多のメンバーチェンジと音楽性の変化を経てなお、現在もこうして作品をリリースし続けている。時代遅れになることなくまさにタイトル通り「今という歴史」をサバイブしてきた立役者。そんな彼らが新たに放つのは、普遍化の一枚。
 近年の彼らはメロディアス&ロック化という傾向があったが、今作でもそれは引き継がれている、否むしろ増大しているような。多くの楽曲でラップと共に明瞭なメロディーがあり、それを更にエモーショナルにさせるようにギターが前面に出る。中には所謂ミクスチャーロックを想起させる瞬間があったりと、分かりやすく激しくなっている。いくつかの楽曲ではCHI 2によるストリングスが足され、印象をマイルドにする施しがなされていたり。また、前作から加入したアル ラムジェンがより前に出てきていることも今作の特徴だ。彼のボーカル/MCスタイルは過去に在籍していたメンバーよりも遥かに民族色が薄く、彼らの持っていたマチズモ感を和らげ表現の軽快さへと導いている。そして「テクノロジーの奴隷となることを危惧し、思考することの重要性を説く」アルバムのテーマもかつて人種差別や戦争への激しい抵抗感を示していたことから比べると多少時代に対する歩み寄りを見せているような(テクノロジーというものを完全に否定しているわけではないようなので)。というか正直テーマとしては手垢のついたもので必要に迫られている感じはしないのだが、それがかえって普遍化を促している。
 分かりやすくなっているということで衝撃は確かに減退し、"Community Music"以前の彼らをこよなく愛するADFファンにはあまり訴求しない内容なのかもしれない。しかし冷静に考えてみれば、毎度新鮮味とメッセージ性、そして快楽性を同居させるのは偉業とさえ言っていい。その確固たる独自性は今も失っていない。

( 2011 )

-関連記事-
・[Review] " Punkara " / Asian Dub Foundation
[Review] The Fall / Gorillaz
2011年 01月 18日 (火) 22:54 | 編集

" The Fall " / Gorillaz

 2010年のクリスマスに配信されたゴリラズのアルバム(現在ダウンロード出来るのはファンクラブのみで、一般的にはストリーミング配信)。一口にアルバムとは言ってもその形態はなかなか特殊であるので、まず説明が必要だろう。第一に、今作の大部分はiPadの一般的に公開されているアプリケーションで制作されている。第二に、アメリカツアー中に制作され、曲順もレコーディング順となっている。時間的にも機材的にもかなり制約された中で制作されたようで、確かに音数はあまり多くない。ほとんどはミニマルな電子音で構成され、生音はギター音が足されているというぐらいのもの。過去作にあったような人種もジャンルも多種多様な音楽性もみられない。それでもなお残るのはデーモン・アルバーンの音楽家としての絶好調さと持ち前のポップセンス。かつて彼はアフリカのマリに訪れ現地ミュージシャンと共に"Mali Music"という傑作を残したが、今作もその延長線上にあるように思える。「ゴリラズの新作」と言うよりはむしろ「デーモンのアメリカ旅日記」とでも言おうか。好きなものを作るときの彼のひらめきのようなものは随所で発揮されていて、例えばキッチュな音の使い方なんかは抜群に上手い。そこに渋みを増した歌声と相変わらずのメロディーメイカーとしての才能も見せ付けていて、やはり近年の脂ののり具合は凄いことを再確認。誰もが音楽制作にアクセスできると言う希望を提示しておきながら、それを価値あるものにするには並大抵にはいかないことを同時に示すちょっと意地悪なアルバム。

-関連記事-
[Review] Plastic Beach / Gorillaz
[Review] NO DISTANCE LEFT TO RUN / Blur
[Review] Christmas Lights / Coldplay
2011年 01月 04日 (火) 18:09 | 編集

" Christmas Lights " / Coldplay

 昨年12月にリリースされたコールドプレイの新曲。歌詞もアレンジも完全にクリスマス向けになっているので、時期はずれなことは重々承知している。でもこれがなかなか素敵な曲であったので、見逃すことは出来なかったということで。シンプルなピアノのイントロからストリングスやバンドサウンドが彩り、"Oh Christmas lights keep shining on"というエモーショナルなサビとコーラスへ突入する展開。それはまるで雪がちらつき始めてやがて賑やかになっていくクリスマスの雰囲気そのもの。"X&Y"以降の彼ららしく、楽曲に装飾を施すことでメロディー本来が持つ感情を更に増幅させている。"Parachutes"辺りを好むリスナーにとっては派手すぎるのかもしれないが、クリス・マーティンのソングライターとしての天賦の才は認めざるを得ないところだろう。冬が来るたびにふと流してしまうような、ホッとさせる良曲だ。
 さて彼らはは現在新作を再びブライアン・イーノと共に制作中。コンセプト・アルバムになるということで今作からその内容を予想することは出来ないのだが、こういう曲をポンと出せるぐらいの余裕があるのならば素晴らしいものになっているに違いない。

( 2010, Single )



- 関連記事 -
[Live Report] Coldplay @ さいたまスーパーアリーナ ( 2009.02.12 )
[Review] Prospekt's March / Coldplay
Viva La Vida or Death And All His Friends / Coldplay

[Review] Small Craft On A Milk Sea / Brian Eno
2010年 12月 19日 (日) 15:24 | 編集

" Small Craft On A Milk Sea " / Brian Eno

 近年はコールドプレイやU2の諸作のプロデュース、デヴィッド・バーンとの共作"Everything That Happens Will Happen Today"(個人的08年ベスト)など外仕事が多かったイーノ御大。今作は久々の個人名義(インスト作品としては10年ぶり!)にして、なんとワープからのリリース。ギタリストのレオ・アブラハムス、プロデューサーのジョン・ホプキンスとのジャム・セッションから生まれているそうで、御大曰く「これらは音のみで作られた映画’sound-only movies’」だそうな。
 確かにサウンドトラックにあるような、意味性の排除と、2~3分の曲が不完全なままに終わるようなぶつ切り感がある。小品集と言ってもいいかもしれない。静謐なアンビエントトラックで幕を開け、獰猛なビートが鳴るトラックやダークな不協和音が支配するエレクトロニカ、ギターを大きくフィーチャーしたトラックなどへと展開していき、再度アンビエントで幕が閉じる。サウンドは全編に渡って無機質で統一性が無いが、それがかえって想像力をかきたてるような余白となっているのが素晴らしい。アートワークも現実か想像か分からない微妙なラインで美しくこれまた大きな余白を楽しめる。結果的に御大の目的は完璧に果たされていて、流石現代を代表する音楽家だなと。これからも是非ワープとの関係を続けていただいて、作品を発表していって欲しい。

★★★☆ ( 2010 )

- 関連記事 -
[Review] " No Line on the Horizon " / U2
Albums Of The Year 2008

[Review] Rock Dust Light Star / Jamiroquai
2010年 11月 23日 (火) 15:07 | 編集

" Rock Dust Light Star " / Jamiroquai

 ベスト盤を挟んでの、5年ぶりとなる7thアルバム。確か引退って言う話もあったかと思うんだけど、心境の変化があったのかカムバック。音楽的にも打ち込み主体であった近作から変化して、生音主体のサウンドに。ファンキーなベースが唸り、歌い、ホーンやキーボードが鳴り、ギターは絶妙なタイミングで挿入される。冒頭の"Rock Dust Light Star"、"White Knuckle Ride"などはノリ重視のファンクネスで初期を連想させるような。必要最小限の音数で心地良いグルーヴにメロディーがあり、ジャミロクワイがバンドであることを久しぶりに再確認するアルバムになっている。巷では原点回帰作といわれているようだ。確かにそういう部分もあるとは思うがそれだけではなく、均質化した最近のポップシーンでは珍しくなってしまったこういうサウンドを投じることによって自身の立ち位置を示すという意図もあるんではないだろうか。そういった意味が含まれているとしたら、なかなか野心に溢れる作品とも言える。がしかし、本作の最大にして致命的な問題点はJay Kayの歌声。まずジャケットの彼を目にして老けたなーと思わざるを得なかったけど、その声を耳にしても老けたなーと。40歳を超えれば仕方ないとは思うのだけど、勢いもなく渋みにもならずなんだか間延びした印象を受けてしまうのは残念だ(好きだからこそ)。本人はあえてそうしたと言ってはいるが、鼻歌さえも歌になってしまっていた頃を知っている身としては・・・。もし今作が絶好調のヴォーカルであったなら、更なるインパクトを伴っていたように思う。

★★★☆ ( 2010 )

[Review] Pieces in a Modern Style 2 / William Orbit
2010年 11月 18日 (木) 23:15 | 編集
williamorbit_piams2.jpg
" Pieces in a Modern Style 2 " / William Orbit

 ウィリアム・オービットはアンビエントテクノ界では大御所のプロデューサーでありコンポーザーでもある人物。ロック/ポップ界ではBlurの"13"やMadonnaの"Ray Of Light"のプロデューサーとして、そしてU2の90年代ベストに収録されていた曲"Electrical Storm"をミックスしたことで有名(もういい加減この紹介は古いか・・・)。そして彼の代表作である"Pieces in a Modern Style"の続編が10年ぶりに復活。このシリーズはクラシックの名曲の数々をアンビエント・カバーしたもので、睡眠に悩む世界の方々に重宝されたそうな(?)。
 もちろん自分も前作はかなり愛聴していた。もちろんそれは睡眠が理由ではなくて、そのサウンドの素晴らしさから。その一音に掛ける情熱といったら並大抵のことではなくて、シンセ・サウンドでキッチュさ、静謐さ、哀愁、安堵、崇高さ、そして間さえも表現してしまう神業的な作品であった。つい最近も聴きながら歩いていたら偶然落ち葉が降りそそぐのと重なったのだが、まるで映画のようなスローモーションに実際に対峙したかと思うほど美しい瞬間を演出してくれた。今作にもそんな音楽を期待したのだが・・・すごく期待したのだが、そうはいかなかった。まるで80年代のSFファンタジー映画で流れていそうな1曲目からして凄く嫌な予感はしたのだが。端的に言うと今作は大衆化した。それはそれで間口を広げる効果があるのかもしれないが、代わりに独自性を失った。11曲目とかスーパーの閉店間際みたいじゃないか、ここまでくると口も閉じてしまうというものである。そういえば昨年に発表された"My Oracle Lives Uptown"もそうであったが、美しい音の追求というモードではないのかもしれない。その点においては才能ある人なのに、もったいないな。

★★☆ ( 2010 )

-関連記事ー
[Review]"My Oracle Lives Uptown"
[Review]"Hello Waveforms"
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。