Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Albums Of The Year 2007
2008年 02月 07日 (木) 08:00 | 編集
遅ればせながら、2007年の年間ベストアルバムを発表したいと思います。06年の濃厚カオス
なランキング
から比べれば遥かに真人間に戻ってきたような気がします(笑)まー07年は濃い
作品というよりも開放的で充実した作品が多かったからでしょうね。それではドウゾ!

≫ "Albums Of The Year 2007" の続きを読む...
再生回数ランキング
2007年 08月 09日 (木) 20:38 | 編集
ずっと書きたいと思っていた記事を漸く書けます。それはmixi集計による再生回数ランキング
です。mixiには自分がiTunesやWinampで再生した音楽をアーティストごと、曲ごと、ジャンル
ごと(ジャンルごとだけが微妙)に集計してくれるシステムがありまして。自分が何を聴いてき
たかを、表示するって言うのは面白いと思ったので結構使ってたのですよ。で、今回漸く全再
生回数が10,000回を超えたのでアーティスト別再生回数のランキングを発表します。色々レビ
ューしてきましたけど、結局聴いているのはこういう音楽なんです。
≫ "再生回数ランキング" の続きを読む...
徒然なるままに
2006年 12月 29日 (金) 18:05 | 編集



年末ですし、特にレビューするCDもないので今回は思ったことを徒然に書こうかな。

そこで上の図を見てもらうと。この図は自分が2ヶ月ぐらい前暇すぎでやることがないので荒木飛呂
彦氏の漫画分布図(どっかの中学の公演より)を真似して書いたもの。縦軸に音楽に対する姿勢、
横軸にそれを制作するときの姿勢を分布。とはいってもこれは本人たちが意識していることではな
いし、何よりこれは自分の主観的な分布であるので、説得力は皆無。さらに言えば、これを書いた
ところで音楽の聴き方が変わるわけではないし、なんの主張にもなってない。だから言ったじゃな
い最初に。徒然に書くって。

図について説明させてもらえば、「感性を作品化」というのはシーンの動向を気にせず極めてアー
ティスティックな制作をしている人達のことで、作品ごとにそこまで世界観が変わらない人達(作品
とともに進化する人もいるし、気が変わる人もいるけど)。「唯一無二」と呼ばれる人達に多い。逆の
「シーンの動向を探る」というのは現在のシーンの中で自分たちの立ち位置を考えて作品ごとに主
張を変えて行く人達。この人達は作品によって音楽性(またはコンセプト)がバラバラで、かつ政治
的な言動に結びつくこともしばしば。「楽曲の良さ」「世界観の構築」はまさに書いたまま。簡単に言
えば楽曲の良さに振れるほど曲単位の文脈で語られ、世界観の構築に振れるほどアルバムとし
て語られることが多いということ。

具体的に見て行くと、やはり端に向かえば向かうほど、それぞれの分野で特異な存在になって行
く。トゥールやナインインチネイルズ、ミューズなんかは本当にその世界観に唯一無二を感じるし、
トラヴィスやコールドプレイ、オアシスなんかは信じられないぐらい曲が良い。エミネムやマリリンマ
ンソンほど現状を的確に批判している人もいない。で、逆に真ん中へ行けばいくほどそのバランスが
取れてて、幅広い人たちに受け入れやすい気がする(一概には言えないのだけれど)。これを書い
て驚いたのがビートルズやマドンナはやはり真ん中かぁということ。レディオヘッドやビョーク(あとカ
サビアン)なんかもね。一時代を築く人たちにはこれらの特徴があるかも。フォロワーが生まれやす
いのもここかも?あと、個人的に大好きなドラゴンアッシュも今考えればそこのポジションかなと。昔
はこんなこと考えて聴いてなかったけど。そういえば最初に好きになったのは左下の区画が多いか
もしれない。で、だんだん音楽を知って行くにつれて右上に移行しているような(右上の見えないとこ
ろにプログレがあります 笑)。

まぁ、だからなんだって話なんだけど。どれが良いって話でもないし(全部好きだから)。だから最
初に言ったじゃない(ry。あと人によっては異論反論がありそう・・・なんで○○がそこなんじゃい
ヽ(`Д´)ノ!ってな具合に。ただ、文句言われてもなー、完全なる主観だからどうしようもないです、
ハイ。でもこういうのって考えてみると意外と面白くないですかね?
Best Of 2006 -番外編-
2006年 12月 28日 (木) 09:56 | 編集
前回のアルバム編に引き続き、その他の年間ベストをやっていきますよ!

Songs Of The Year (1アーティスト1曲)

01. " 10,000 Days " / Tool
02. " False Flags " / Massive Attack
03. " Invincible " / Muse
04. " Ivory "/ Dragon Ash
05. " Infra-red " / Placebo
06. " Welcome To The Black Parade " / My Chemical Romance
07. " Wet Sand " / Red Hot Chili Peppers
08. " Crazy " / Gnarls Barkley
09. " Travel is Dangerous " / Mogwai
10. " Valentine " / Delays

やっぱToolかい!!ってなわけで(笑)アルバムの中で最も長尺で(11分超)、コンセプチュアル
で、ギョワー!((( ;゚Д゚)))という曲。なにやらメイナードが母親に捧げたとか(一万日は母親の闘
病生活の日数)。この曲を黙々と歌うメイナードに感動。ええ、変態ですが何か?

感動的な曲としてはミューズ、マイケミ、レッチリなんかは泣けます。いや、マジで。
音楽的にグッときたのは、ナールズ、モグワイ(ライヴが凄かった!)、マッシヴ(美しい!)。
選ぶのに迷ったのはDAとプラシーボ。今年の曲どれも良い曲なんだもの つД`) 

次点はIncubusの"Anna Molly",Kasabianの"Empire",Enigmaの"Goodbye Milky Way"
そしてYUIの"Good-bye Days"など。可愛かったもんなぁ(´Д`;) 

Best Live Act

ちょっとちょっと・・・カッコよすぎでしょこれ・・・(´Д`;)

01. Massive Attack @ Summer Sonic 06
02. Daft Punk @ Summer Sonic 06
03. Mogwai @ 恵比寿LIQUIDROOM
04. Muse @ Summer Sonic 06
05. Alexander Kowalski @ Wire 06

1位はマッシヴです。もう念願かなってのライヴ&トリと本当に感動しました。いつもより派手
な照明に(かねてからライヴ映像は見てたので)、ドラム2台で低音ドカドカとロックモード(?)
だったのも良し。魂抜き取られるかと思うほどの暗黒世界をフェスという場でも一切妥協せず
に表現したのはさすがマッシヴ。余談として3Dのリズムの取り方がこの上なくカッコよかった。

ダフトは最早伝説だし(ロボット!)、モグワイは噂どおりの凄まじさだし(フラッシュ効果スゴ
ス)、ミューズも別物の凄まじさでした(宇宙人)。5位のコワルスキー氏に関してはテクノイベ
ント自体が初めてだったので新鮮だったのもあるのですが、この人のプレイは素人目に見て
も神がかってたような。あと他には毎年チェックしているDAを今年も見れてよかったのと、
Feederで泣いたことかな・・・ちなみに"Feeling A Moment"で(笑)

今年リリースじゃないけどよく聴いていたアルバム
マッシヴ・アタック
トゥール
ナイン・インチ・ネイルズ
ミューズ
レディオヘッド
プラシーボ
プログレをちょっとかじった
以上!!(笑)

いやーあげるのが面倒くさかったんで・・・('・ω・`)だってホントにこれ以外はそこまで聴かなか
ったもんで。いや、上半期は結構いろいろ聴いてたんですよ!?エレクトロニカとかアンビエン
トとかJ-popとか。でもいつの間にか(というか最近は)こーゆう濃いのしか聴いてなかったなぁ。
理由はたぶん後半になってリリースが落ち着いたからだとは思うんですが・・・それにしてもね
ぇ(苦笑)来年が思いやられます、いやホントに。

2007年リリースを期待するアーティスト
01. Massive Attack
02. Radiohead
03. Nine Inch Nails
04. Dragon Ash
05. The Smashing Pumpkins

目を来年に向けましょう!半分ぐらい既に決定している気がするけど・・・。とりあえずこれらの
人達には傑作を出してもらいたいです、ハイ。特にレディへにはまたビックリさせられるような
作品を出して欲しいですね。そしてぜひ日本へきてください(DAはツアー決定してるけど)。
あと、プラシーボ諸君は絶対日本に来なさい!ヽ(`Д´)ノというか来て・・・つД`)

ベストヴィデオ、ニューカマーはあんまりチェックしてないので省略(ぇ
Albums Of The Year 2006
2006年 12月 26日 (火) 23:34 | 編集
ついに当ブログも2006年の年間ベストアルバムを発表します。過去最高に音楽を聴きましたが、
ランキングを決めるのは意外と早かったです。年を重ねることで自分の趣味&趣向がハッキリし
てきたということでしょうかね。まぁそんなことはどうでもいいです(笑)それではドウゾ!

≫ "Albums Of The Year 2006" の続きを読む...
映画バトン
2006年 12月 15日 (金) 20:28 | 編集
またMASSA56さんのところから勝手に(ぇ)バトンを頂いてしまいました。面白そうだったので。
それでは、ドウゾ!

◆Q1.初めて映画館で観た映画。
う~ん、分からないなー。というのも我が家は自分が幼いときから日常的に映画館に行って
いたので。まぁでも多分「ゴジラ」シリーズのどれかではないかと(笑)

◆Q2.最後に映画館で観た映画。
「パプリカ」。今敏の最新作です、ハイ。アニメーションは結構好きなので見に行ったりします。
パプリカは今敏が描いてきた世界観を忠実に踏襲した素晴らしい作品です。難しいテーマなの
に娯楽的にも優れているのもポイント高。絵もきれいですし。

◆Q3.心に残り続ける映画。
順不同でベスト5

「イノセンス」・・・04年の押井守作品。あえて一作目ではなく二作目。もう多分40回ぐらい見ている
んでしょう。難解さ(実は単純なストーリーなのだけれど)、退廃した世界観、相当の人員を投入し
たであろう驚くべき映像、全てに意味のある場面。その雰囲気全てが好きなのです。決して人には
勧められないけれど、きっと自分は生涯見続けるであろう映画。

「プライベート・ライアン」・・・90年代戦争映画の傑作。とことんリアルな映像にこだわったそうで、
戦争を実際に体験した人をして「本物みたいだ」と言わしめたそうです。確かに最初の30分間の映
像は戦争を経験していない自分でも血の気が引くほど。そして全体にわたる緊張感が並大抵では
ありません。それと個人的には狙撃手のジャクソンに痺れまして、最後戦車の砲撃を受けるシー
ンでは涙してしまいました。

「ブレードランナー」・・・近未来SFの金字塔。またの名をマニア映画(笑)とにかくその世界観がカ
ッコ良過ぎ。攻殻機動隊にも影響を与えたのは周知の事実。特に最後の戦いのシーンは、この映
画が単なるアクションに留まらないということをまじまじと見せ付けてくれます。DVDは現在廃盤に
なっていますが、努力の末ついに発見。でも来年廉価版が出るらしいね( ´Д`)

「コラテラル」・・・マイケル・マン監督の美意識が隅々まで張り巡らされた作品。目を疑うような美し
い夜景に、価値観をぶつけ合う男たち、絡み合う運命、そのダイナミズムにウットリとしてしまいます
。そうこれはまさに「男の世界」!!特に終盤ゴゴゴゴゴ(ジョジョ風)という風に運命が大きく変化
していくところは思わず拳を握ってしまいましたね。トム・クルーズがそこまで好きではない自分も
この映画に出てくる彼のクールさには痺れます。音楽もイイ(・∀・)!!

「スターウォーズ:エピソードⅤ」・・・いわずと知れた神話。一番すきなのはやはりエピソードⅤ。
ファンの間でも最も人気の高い作品ですね。だってダースベーダーがカッコよすぎるんですもん
(笑)ストーリーも暗いですしね。なお、エピソードⅢ公開前に予習をし過ぎて(ⅡとⅢのアニメも
全て見ました)、開始一分で感極まってわんわん泣き出したのはここだけの話。

◆Q4.愛する人と観たい映画。
ジブリ作品ですかね~。「耳をすませば」とか良いんじゃないすかね。

◆Q5.ホラー映画。
ホラー大っ嫌い!ヽ(`Д´)ノ

でもかつて友人とギャーギャー騒ぎながら見た(もちろんDVDですよ)
「呪怨」シリーズは面白かったなー。

◆Q6.期待を裏切った映画。
主にレオナルド・ディカプリオ主演作品。彼の主演している映画で良いと思ったのが無いですね
ー。まぁあと続編モノにはたいていガッカリですね。T3とかMi3とか。

◆Q7.逆に、期待以上だった映画。
「バットマン・ビギンズ」・・・全く期待してなかったけど、あまりのクールさにビビりました(笑)

◆Q8.生き方・アイテム等、スタイルが好きな映画。影響されかけた映画。
戦争映画の極限状態の人間たちには常に影響されます。もう二度とこのような状態がこの国で
起こって欲しくない、そういう意味でも勉強になります。あとマフィア映画の結束力も痺れますね。

◆Q9.今見たい映画は?(自作の質問)
「硫黄島からの手紙」・・・「父親たちの星条旗」もみましたし、イチ戦争映画ファンとしてはやはり
映画館で見たいところ。しっかし、こんな企画をしたクリント・イースドウッドさんは神様なんでしょ
うか。ぜひアカデミー賞を取って欲しい!そしてこの映画が出来る限り沢山の人に見てもらうこ
とを切に願っております。

面白そうだと思った方は勝手に持っていってください~。
サタンバトン
2006年 11月 10日 (金) 01:02 | 編集
MOVE ALONG・・・GO! GO!さんから「サタンバトン」を頂いてきました。バトン企画は久しぶり。

◆Q1 あなたの夢を教えてください。
「夢は口にした時点で叶わなくなる」。
っていうのは言い訳でして、将来的には海外の田舎で悠々自適な生活をしたいな~。
でも夢って言うのは叶わないから夢というのでして・・・うぅ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

◆Q2 最近のお気に入りの曲は何?
3曲選んでもいいでしょうか。
・"Hurt" / Nine Inch Nails
針と栄光の部分は分かりませんが、そのほかの歌詞には共感しまくりです。
ホントに素晴らしい曲ですよ。特に最近は身に染みます・・・。

・"夢で逢えたら" / Dragon Ash
先行試聴が始まって以来毎日20回ぐらいは聴いているんじゃないでしょうか(笑)
発売までに飽きてしまったらどうしよう ((( ;゚Д゚)))

・"Group Four" / Massive Attack
いまだにサマソニをひきずっております・・・。それほど衝撃だったんですよこの曲の
パフォーマンス。ダークで激しくて美しくて・・・あぁ、あの瞬間に戻りたい( ´Д`)

◆Q3 多分病気だと思うこと。
何をしてても音楽がないとじっとしていられないところ。朝起きて音楽聴いて、移動中には
iPod、バイト先では有線、寝るときも小さくかける・・・病気ですねコレは(笑)

ちょっと離れると仲良くしていた友人のことをすっかり忘れてしまうこと。これは性格か。

◆Q4 最近感動した事を教えてください。
映画「父親たちの星条旗」。ホントいい作品なんで是非。

◆Q5 これがないと困る!というものはありますか?
音楽! じゃ面白くないから生ハム!時々無性に食べなくなります。

◆Q6 近い未来に実はやりたいこと。
ギター、もとい楽器。こんだけ音楽好きなのにひっとつも弾けやしないのは残念
・・・って人からよく言われます(笑)

◆Q7 マイブームなモノを教えて下さい。
料理・・・かな?暇だから凝るんですよ。最近は合わせ出しなんかも使ってみたり。
料理をし始めてから分かりましたがホントに和食って難しい・・・。

◆Q8 何かクセがあったら教えて下さい。
電車に乗ったら前に座っている人をとりあえず全員見ます。たまに目が合ってハッとしたり。
っていうか単にキレイな女の人を探しているだけなのかも(笑)

◆Q9 貴方の中で今までで一番ヒットしたアーティスト・芸能人またはキャラは?
音楽家抜きでやります。
ア:ロマン派の画家。ウィリアム・ブレイクのレッドドラゴンのやつなんかはホント魅かれる。
芸:劇団ひとり。お笑いはそんなに詳しくないけど、彼は凄いね。タカアンドトシも好き。
キ:リンゴォ(SBR)。ようこそ・・・男の世界へ。

◆Q10 好きなマンガは何ですか?
ジョジョの奇妙な冒険。もうこの漫画にはとても影響受けたね。西洋絵画を思わせるような絵
に、意味のあるセリフ、単なる勝ち負けに終わらない人間と人間の対決、幅広い雑学。いつま
でもお若い吸血鬼・荒木先生(ホントにこの人の若さは以上です)は自分の心の師です。いつ
までも漫画書いてください。

◆Q11 あなたの思い出の1曲は何ですか?
いつも同じ答えをしているような気がするので今日は違う答えを。
"Star Guitar" / The Chemical Brothers
ロックオンリーだった自分の耳を一気にテクノ/エレクトロニカ方面へ引き込んだ曲(時代的に
見れば「最後の打ち上げ花火」っぽいですが)。流麗で、ダンサブルで、長さを感じなくて・・・
超絶に素晴らしい曲です。この曲と出会ってから色々聴いてみましたが、これより「美しい」曲
にはまだ出会ってないです。というか出会う気がしません。

◆Q12 何故か怖いと感じるものを教えてください。
ペットを飼うこと。別れるときのことを考えるとつい・・・。
あとはドラえもんの「魔界大冒険」のメデューサ。あれは幼少期の軽いトラウマでして(笑)

◆Q13 現在の携帯の待ち受け画面は?
変えたばっかりなんで最初から変えてません。なんか遺跡っぽいやつ。
ていうかぶっちゃけ自分携帯嫌いなんですよ(ぇ)

◆Q14 入浴中は何を考えていますか?(又はしていますか?)
シャワーオンリーですけどね。
夜の時は、寝る前に聴くアルバムのこと。映画のこと。
朝の時は、その日着ていく服とか、今晩のおかず。

◆Q15 最近ちょっと笑ったことは?
「ちょっと笑う」ってどういうことじゃい!微笑むってことかぁ!?ヽ(`Д´)ノ
「結婚できない男」には本当に笑わせてもらいました。ありがとうございます、桑野さん。

◆Q16 設問の内必要ないと思うものを一つ外し、代わりに自分で考えた質問を入れて次の人に回してください。
Q15 ちょっと笑うの意味が分からない。
代わりは「Q 人生でもっとも影響受けた言葉はなんですか?(何かからの引用でも構いません」

あー長かった。でも面白かったです。興味ある方は是非持ってってください。
STEEL BALL RUN Vol.09
2006年 09月 09日 (土) 19:33 | 編集

『スティール・ボール・ラン 第9巻』 / 荒木飛呂彦

周知のとおり「SBR」は現在ウルトラジャンプで連載されている、過去に週刊ジャンプで連載され
ていた「ジョジョの奇妙な冒険」の続編。実を言うと全巻買っちゃうぐらいのジョジョファンだったり
する(ほとんどは実家にあるんだけど)。自分はそこまでの漫画フリークではないので全巻持って
いる漫画っていうのは唯一ジョジョのみ。ジョジョには生きる上でかなりの影響を受けていたりも
する。でもここは音楽ブログなので今まで語ることはなかったわけです。でもねー・・・・

こんなに面白くされちゃ書かずにはいられないわけですよ。

読んでいない人には分からないだろうけど、「聖者の遺体」の登場と荒木氏の「ジョジョ第7部とし
て描くという覚悟」が備わってからのこの漫画、まさに神展開と言うしかない。作品に通じる信念、
作を追う毎に進化する画風、ストーリーの勢い、それが全て総合的にマッチして崇高さすら感じる
美しさを放っているんですよねぇ。はっきり言って全シリーズの中で一番面白いと思う(まだ完結
していないから何ともいえないんだけどね)。週刊から月刊に移って足かせがなくなったのか、単
に表現の円熟期に入っているのか、制作サイドの意向は分からないけど、すでにベテラン、しかも
同シリーズの漫画の中でマンネリに陥らずにここまで面白い漫画を書けるって言うのはホント尊
敬に値すると思う。そろそろウルジャン買いそうだもんなぁ(笑)

と、いうわけで9巻。前作から引き継いだ怒涛の展開はここでピークを迎えております。ディオと遺
体を追う主人公たちと、ルーシーと大統領。まぁ詳しい話はまだ読んでない人への不敬に当たりま
すから止すとして、とりあえずこれだけは書いておきたい。

ブラックモアたん・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

読んでいるとき身震いしちゃったよ。ジョジョは「死」を扱うときには必ずといっていいほど神展開に
なるのですが今回もすごかった。「死」を覚悟したときのブラックモアの顔は・・・あなたこそ聖者だ
と言いたかったです、ハイ(聖者の定義からは大きくそれますが)。とにかくジョジョ好きで読んで
いない方はお早めにどうぞ!!次号も楽しみだ!!(11月っていうのは本当なのかっ!?)


それと蛇足だけどジョジョファンならコレ(クリックで飛びます)超欲しくねぇ?ディティール細かいよ
なぁ。セットで6300円か・・・・ヨシ!出すか!(笑)SBRもチョーオモシロイことだし。カラーVerだけ
で良いけど。是非是非ほかの部のキャラクターも出して欲しいなっ!
こんな曲バトン
2006年 08月 16日 (水) 16:01 | 編集
狂乱の二日間も終わり、バイト漬けの日々で現実に戻されつつもまだ夢心地な日々を送ってお
ります。というわけで「サマソニ週間」は終わって記事もいたって普通な感じにしていきますよ!
今回はゆうさんのブログ「自由気まま」から勝手に持ってきた(ぉぃ)バトンをやりたいかな、と。

●甘い甘いデートの車の中で聴きたい曲は?
一瞬マッシヴアタック!と書きそうになりましたが(やっぱりまだサマソニから抜け出せない)
暗いよね。甘いといえば最近買ったZero 7なんかどうでしょう?あっでもやっぱColdplayの
" Yellow "これに勝るイチャイチャソングは無い!(笑)

●恋に破れた日に聴きたい曲は?
どん底に沈みたいならRadioheadの"Let down"が良いね。自殺するかもしれないけど(笑)
元気を出したいならU2の"With or Without You"。暗い歌詞だけどね。でも良い曲だから。

●今日は勝負の日、朝家を出る時にかける曲は?
Rage Against The Machine の"Wake Up"。朝だし(笑)、テンション上がるし。
あとはDragon Ash の"Fantasista"とかかな。とにかくテンションを上げなければ。

●今夜は自宅でパーティー。かける曲は?
Mondo Grossoの"BLAZE IT UP"かな。やっぱり聴きやすいハウスは盛り上がるべし。
っていうかアルバム垂れ流しで全然大丈夫だと思う。

●結婚式にかける曲は?
あんまり思いつかないけど何故か今思いついたのはThe Yellow Monkey の"バラ色の日々"。
良い曲だよねぇ。あっ、そういえば吉井さんのアルバムでるじゃん。

●晩ご飯を一人で作る時かける曲は?
自分は家事(掃除洗濯も含め)の時は必ずクラブ系の曲を掛けるようにしているのだー!
というわけでThe Chemical Brothersの"Star Guitar"とかDaft Punkの"Around The World"
の名曲たちなんてどうでしょ。

●最近こればかり聴いてるという曲は?
Massive Attackの"Group Four"。もうとにかくライブが凄まじくて一気に自分の
中の名曲ランクが上がりましたよ。あぁ・・・もう一度聴きたいなぁ(;´Д`)

●自分がPRIDEにデビューする時にかける曲は?
これ前も書いたけどThe Prodigyの"Firestartar"。もうこれしかない。

●雨の日にかける曲は?
Massive Attackの"Protection"とかRadioheadの"No Suprises"とか
Toolの"10,000days"とか。

●恋人との思い出の曲は?
基本的に恋人と音楽の趣味は合わないので・・・(´・ω・`)

●自分の恋人に聴いて欲しい曲は?
自分はあまり多くのことを求みませんのでDragon Ashの"陽はまたのぼりくりかえす"
を知って一緒に聴いてくれれば良いです。

●悩んでる友達に聴いて欲しい曲は?
Nine Inch Nailsの"Hurt"。もっと悩めと(笑)

●高速にネオンが輝く夜に、一人で車をゆっくり運転している時にかけたい曲は?
Nine Inch Nailsの"Closer"。ダウンテンポだし、ストリップでよくかかってるらしいから(笑)

●自分を語る上ではずせない曲は?
じゃあDragon Ashの"Deep Impact"で(笑)全てはここから始まったんで。

興味ある方は勝手に持っていってください!
Tower Records バトン
2006年 07月 14日 (金) 19:01 | 編集
きょんさんの記事から勝手に頂いてきました、タワレコバトン。早速ドウゾ。


○NO MUSIC,NO LIFEは実践できていますか?

はい。体の一部になってますし、頭では常に何らかの曲が流れてます。

○もちろんHMVよりもタワレコ派ですよね?

去年だけはHMV使ってましたか、大体はそうっすね。

○もちろんバージンレコードよりもですよね?

地元のバージン潰れちゃったんですよね。まぁ元々行かなかったけど(笑)

○新星堂よりも?

新星堂は一度も利用したことなし。

○TSUTAYAよりも?

すいません、ツタヤは常に割引なんで結構使ってます。

○月に何回くらいタワレコにいきますか?

最近は一回ぐらいかなぁ・・・。電車乗らなきゃ行けないんだよね。

○タワレコをよく使う理由を挙げてください

品揃え。試聴機の多さ。ポイントカード。

○家にとりあえず黄色い袋は余るほどありますよね。

とりあえずゴミ袋になってますね(笑)

○ポイントカード、今までに何枚くらい100ポイント貯めましたか?
そうすっと、どれだけ投資したかわかりますよね?

5枚ぐらいですねぇ。HMVとあわせると10枚ぐらい・・・。ふぅ・・・50万 (´・ω・`)

○試聴機に入っているものは聞きますか?

絶対買いそうなやつは聴かずに買って、そうでもないやつは聴きます。
でも試聴するのはほとんどクラブミュージックかな。

○コメントPOPにだまされたことがある?

無いですかね。あれ最後まで読まないんで(笑)
どっちかというとフリーペーパーに騙されてます。

○一番近所のタワレコのいいところ、悪いところをあげてください。

長所:売り場面積が広い。立ち読みが出来る。試聴機で偶然良いものに出会う。
短所:モノによってはCCCDしかない(キレそうになる)。なぜこれを置いてない?というのがある。

○一度はタワレコのバイヤーになりたいと思ったことがある?

正直、ある。

○一度は「コメントPOP書きたい!」とか思っちゃった?

いや、それは・・・(笑)責任も重いし。ただCDに囲まれてるだけで良し。

○今までで一番「ここのタワレコは良い!」と思ったタワレコは?

渋谷かなぁ。やっぱり品揃えが良い気がする。クラブ系はあんまり無かったけど。

○今まで一番印象に残ってるポスターは?

椎名林檎かなぁ。なんか眼差しが強かった気が。

○タワーフリーキーなひとにまわしてください。

勝手に持って行ってどうぞ。
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。