Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一口ニュース
2006年 04月 08日 (土) 17:45 | 編集
恒例一口ニュース。どうぞ。

・Hyde New Album " Faith " 全曲試聴開始
公式ページで全曲試聴スタート。で、早速聴いてみた。先日、ラジオで3曲先行試聴してた
のもから全曲初めてでは無いんだけどそれでもやっぱり初聴きはワクワクするね。本当は
買ってから聴くのが良いんだろうけどせっかちなので(笑)聴いた感想としては、以前も書い
たとおりもっとスタンダードなロック寄りになるかと思ったけど違ったみたい。へヴィな曲はよ
りへヴィに、美しい曲はより美しくといった感じ。よく考えてみたら2枚のシングルでその方向
性は提示されてたのかもしれない。"Countdown"が前者で、"Season's Call"は後者というわ
け。元NINのベーシスト、プロデューサーを起用しているだけあって音の方は「モロ洋楽!」っ
て感じ。日本でこの音で、これだけのチャートアクションを起こしている人は他にいないんで
これからも頑張って欲しいね。USライヴも影ながら応援してます(笑)

・Gorillaz デーモンがバンド解散をほのめかす!?
おーいデーモンそりゃないよ!せっかく前回ウキウキでDVDのレビュー書いたのに(笑)でも
まぁあれが Gorillaz の集大成といってもいいのかな・・・。もともとその辺の腐ったポップミュ
ージックに対するカウンターとして登場した Gorillaz だから成功した今は満足なのかな。彼
のUKらしいメロディー、器用さと、US-HIPHOPの折衷感は見事だっただけに残念だけど、彼
自体の活動が終わるわけじゃないしいいや。そろそろ blur も見たいし。

宇多田ヒカル、4年ぶりの新作『Ultra Blue』をリリース
これは最新ニュースじゃないけど注目してたので。といってもほとんど期待してないんだけど。
先行シングルで好きなの" COLORS "と" Passion "だけだし。この二つの曲はポップ感と
繊密なサウンドテクスチャが融合したすばらしい曲だったけど( " COLORS "はもはや三年前
の曲だけどね)、それ以外は宇多田ヒカルのシングル史の中でも最低の部類だからなぁ・・・。
特に最新曲" Keep Tryin' "はジャケットから、アレンジから、歌詞まで最悪づくし。あんまり否
定的な事は書きたくないんだけどあれは無しでしょ。妙に媚売っている曲にもかかわらず、私
は宇多田ヒカルなのよっていう傲慢な感じもして。彼女は媚びうる必要ない。傲慢で行ってくれ
た方がバシッと世界観を提示してくれて良い。アルバムはどんな感じになっているかわからない
けど、リリース時に余裕があったら聴いてみようかなと思ってます。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。