Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sound Mirrors / Coldcut
2006年 02月 28日 (火) 18:20 | 編集
coldcut_soundmirrors.jpg
"Sound Mirrors" / Coldcut

十年一昔

5thアルバム。UKブレイクビーツの先駆者として、また Ninja Tune の代表としてクラブミュ
ージックをリードし続けてきた Coldcut 。そのサンプリング技術の高さは目を見張るものが
ある。エレグラでもマツケンをマッシュアップしちゃうぐらい遊び心もあったり(笑)そしてこの
「 Sound Mirrors」は前作「 Let Us Play 」からなんと9年ぶりのアルバム。12曲中10曲がヴ
ォーカル曲という事実から分かるとおり、かなりポップ化がされている。John Spencerが歌う
キラーチューン「 Everything Is Under Control 」はもはやロックソングとして聴けてしまう。
その分、ビートの先鋭さ、多彩さは失われなんとなく落ち着いて新しい発見には欠ける。という
か移り変わりの早いクラブミュージックシーンなら、9年も経てば有効な手段も有効な手段で
はなくなるわけで。90年代に隆盛を極めたこのジャンルも今は再び原点(アンダーグラウンド)
に戻ると言われているが、今作がそんな限界を示しているような気もする・・・とはいってもさす
が代表というわけで、音の繊密さはやはり凄い。なお、Coldcut お二人は映像にも相当興味
を持っているようで(たいていのDJはそうか)、VJソフト「VJAMM3」の体験版も付いている。

★★☆ ( 2006 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。