Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Mood Algorithms / Dday One
2011年 11月 28日 (月) 23:54 | 編集

" Mood Algorithms " / Dday One

 LA出身の自称・「サンプリスト」にして、DJ/プロデューサーのDday One。あのカット・ケミストが惚れ込み、本人に自ら連絡をとってアナログを入手したという逸話の持ち主である。既に"Loop Extensions"と"Heavy Migration"という2枚のアルバムが発表されていて、今作は3枚目となる。ただ3枚目と言ってもオリジナルの音源は90年代後半に制作されたものなので未発表音源集と言ってもいいだろう(ややこしい・・・)。今の若者が存在を知っているかすら怪しいカセットテープから発掘され、伝統的なサンプリング手法で以って鳴らされた粋なビート・ミュージック。
 最も比較しやすいのは巷でも言われている通り初期のDJ SHADOWだろう。確かに所謂アブストラクト・ヒップホップという範疇で語られる音ではあると思うので、その指摘はもっとも。だが、このサウンドの温かみのある質感にはオリジネイター/フォロワーを超えた愛着が湧いてきてしまうのだ。DJ SHADOWから遊び心や渋さを減退させ、ベースを全面に出しグルーヴを優先させているのが特徴的。また、キレイ目のジャジーな上物の絶妙な乗せ具合も素晴らしいが、何よりも素晴らしいのはビートだ。硬質でストイックなビートが醸す何とも言えないスモーキーなムードには中毒性が備わっている。DJ SHADOWが初期とは異なる路線に邁進し、フライング・ロータスが宇宙へ行き、プレフューズ73がヴォーカルを刻まなくなった今、今作がもたらすものは最早懐かしさしかないのかもしれない。が、今作にひしひしと感じる音楽への愛情と、職人的に音に拘る姿勢には抗えない魅力を感じる。

( 2011 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。