Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] INNI / Sigur Ros
2011年 11月 28日 (月) 00:01 | 編集

" INNI " / Sigur Ros

 シガー・ロス初となるライブ盤にして新たな映像作品。残響ツアー・ファイナル、ロンドンでの公演を収録したものだそうだ。シガー・ロスのライブ映像といえば"HEIMA"という優れた作品が既に出ているが、今作もまた彼らの孤高性を再確認するものとなっている。"HEIMA"ではアイスランドの景色を織り交ぜながら「どこで誰に観られているか」というライブの共有感を感じられるような映像に仕上がっていたが、今作はひたすらにステージのみを追っている。ステージ/客席間にある(見えない)ヴェールの内側を映し出すようなその映像は、彼らのストイックさを際立たせ、集中を促す。またモノクロで、荒い粒子が目立つ古ぼけたように見せる演出が(元々の素材はHDらしいけど)、同時代性を敢えて喪失させ、彼らが持つファンタジーを増幅させているのも良い。
 今作を観ていて改めて思ったのは、彼らの音楽がいかなるものにも似ていないということ。これはきっとアイスランドにおける土着性が鍵なのではないかと推測しているのだが、ポストロックと一言で片付けることの出来ないユニークさを保持し続けている。写真や映像でしか見たことは無いがアイスランドと言えば頭に浮かぶ火山や自然、寒々とした光景が彼らの音楽を育んだのは間違いないだろう。代表曲"Svefn-g-englar"が素晴らしいのはもちろん、"Festival"のような最新曲も本当に崇高なまでに美しく、儚く、そしてドラマティックで実にシガー・ロス的。そして本編最後、音楽的な盛り上がりと映像がもたらすカタルシスが合致した瞬間は息を呑むほど素晴らしい。ストリングスやホーンが欲しい、もっと良いテイクがあるはず、最初期の映像が挟まれる意図がよく分からないなど好きだからこそ「もっと!」という思いが無いわけではないのだが、やはり素晴らしいバンドだということを再確認できるだけでも実に力のある作品。2012年には新作がようやく発表されるようだが、今から待ちきれなくなってしまった。フジロックにも来てくれないかな。

( 2011 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。