Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Trans-Love Energies / Death In Vegas
2011年 09月 29日 (木) 23:14 | 編集

" Trans-Love Energies " / Death In Vegas

 前作"Satan's Circus"をリリースしてからお金がなくなったとインタビューで発言したり、その後音沙汰がなくなったりとシーンでの存在感を失ったかのようにみえたデス・イン・ヴェガス。しかしそんな彼らが7年ぶりに遂に還ってきた!通算5作目となるアルバム。
 ロック的なダイナミズムとノイズをエレクトロ/テクノに落とし込んでダーティーでサイケな世界観を形作っていた彼ら。その上、ボビーギレスピーやリアム・ギャラガーなどのロックスターも召喚し(特にリアムの楽曲は彼の歌がトラックに嵌っていて白眉だった)、聴きやすさと間口の広さをも持ち合わせたサウンドは今聴いても当時の勢いが伝わってくる。そんな彼らだが前作にてロック色&歌モノを排し、よりミニマルなエレクトロミュージックへと路線を変更。当時あまりにもひっそりとリリースされたため、あまり話題に上がることは無かったと記憶しているがそれでも熱心に聴いている人も見かけないわけではなかった。そして今作。基本的には前作の路線を踏襲している。ギターサウンドがほとんど存在しないのはもちろん、生々しく響いていたドラムサウンドですら鳴りを潜めている。ヴォーカルも復活はしているものの、歌い上げる感じではなくあくまでも効果としてサンプリング的に用いるに留まっているように思える。"Black Hole"や"Coum"などといった楽曲はノイジーであったりダビーだったりで2ndや3rdの匂いを感じ取れるが、全体としては少し激しめのミニマル・テクノといった趣き。コーラスのサイケな感覚やトラック構築の節々にセンスは感じるものの、音の素材自体が特筆するべきものでないのもあって若干肩透かしを食らってしまったかも。私のようにヴァラエティ豊かなサウンドを期待するのではなく、ストイックなエレクトロ・ミュージックが好きな方にこそ気に入られる1枚となるかもしれない。

( 2011 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。