Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Seven Stars / Fennesz
2011年 09月 14日 (水) 22:43 | 編集

" Seven Stars " / Fennesz

 つい先日―といっても1ヶ月経つけど・・・―発売された坂本龍一との共作"flumina"も話題になっているウィーンの電子音楽家、フェネスの最新EP。今作はアナログが先にリリースされ、やっとこさデジタルリリースとなったので聴いてみた(CDリリースも有り)。3年前の前作"Black Sea"ではギターの旋律よりも、アンビエント色を増したサウンドの美しさが強調されていたが基本路線は今作も変わらず。ハッキリとしたメロディーが無いからこそ、ノイズ、生音、アンビエント、その音の重なり合いや繊細な音の一つ一つにしっかりと耳を傾けることが出来る。そしてそれはは途方もなく美しい。最早、荘厳/重厚とすら言える領域に達していて、手法や小手先云々ではなくひたすらに自らの音を求め続けるこれぞフェネスの真骨頂。爪弾かれた生音の響きからすぐさま独自のテクスチャーへ移行する"Liminal"、冒頭から放たれ続ける様々なノイズとかすかに聴こえる(ような)ヴォイス・サンプルが緊張感をもたらす"July"、比較的生音が前面に出て柔らかく、ロマンチックな面を見せるタイトル曲"Seven Stars"など何とも濃密な18分。アルバムを期待して待つ!

( 2011 , EP )


-関連記事-
・[Review] Black Sea / Fennesz

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。