Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Mind Travel / Superfly
2011年 07月 17日 (日) 22:59 | 編集

" Mind Travel " / Superfly

 60、70年代洋楽という趣味性を盛り込みながらもスタンダードな邦楽として受け入れられた1st、サウンドの強靭さを増してより現代的により大衆的に振り切った2ndと、新人のあるべき道筋を辿ってきた彼ら。そして、勝負の3作目。結果から言えば、大衆の望むスーパーフライ像から大きく離れることがない安心の一枚と同時に停滞の一枚かと。彼らのつくる職人的な、バランス感あるサウンドと越智志帆のハイトーンヴォイスは(祝福をというだけあって)確かに心地良い。しかし、そのあまりにも既聴感たっぷりの楽曲にはさすがに飽きがくる。正直冒頭のアップテンポな楽曲は過去の焼き直しで、なおかつの"マニフェスト"や"Alright!!"には遠く及ばない凡庸なものとなってしまっているかと。またそれらの楽曲でみられる一本調子な歌声にもそろそろ変化が欲しいところ。ただ"Eyes On Me"や"Secret Garden"などにみられる落ち着きは以前には無い魅力で、アレンジとメロディー、歌声が丁寧に組み合わされていくその様にはさすが職人技と舌を巻いた。他にはツェッペリンにオマージュを捧げているというかまんまの"Deep-sea Fish Orchestra"、言いようのない感情をそのまま歌詞無しで曝け出した賛美歌"Ah"(図らずとも世の中のムードをとてもよく表している)も良い。制作の体制としては盤石なものがあるのでポップスとしては申し分ないクオリティなのは間違いないが、もっと趣味性を前面に押し出してほしかったのが正直なところ。極めてマイノリティーな意見なのかもしれないけれども。

( 2011 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。