Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Music from Spider-Man Turn Off the Dark
2011年 06月 19日 (日) 23:50 | 編集

" Music from Spider-Man Turn Off the Dark "

 ナードがスーパーヒーローになるということでキック・アスと共に非常に親近感の湧くスパイダーマン。私は主に映画でのその姿に興奮してきたわけだが、今度はブロードウェイのミュージカルになって還ってきた(事故やら何やらで災難続きだったみたいが)。そしてその音楽を担当するのはU2のBonoとThe Edge。プロデューサーには馴染みのSteve Lillywhiteを起用して、テーマ曲"Boy Falls From the Sky"にはAdamとLarryも参加している模様。U2の新作がいつ出るか分からなくなってしまった今、これは聴いておかなくては!と思った次第である。
 ミュージカルということもあってか一般的なサウンドトラックのような映像がついてこそ成立するような余白というよりは、歌あり、サビありのポップ・ミュージックとしての形式をとっている。所謂ストリングスが綺麗に響くのではなく、ギターがかなり主張していて、のっけからエッジの「あのギター」を聴くことが出来る。"Rise Above 1"ではちゃっかりボノが歌っていたりしているし。直球なロックサウンドと、スパイダーマン役のReeve Carneyの歌声が若干ボノに似ていることもあって、80年代の生真面目一直線だったU2を思い起こさせる瞬間もあったり。U2自身にそのような姿勢は期待していていないし、むしろその後が真骨頂とすら思っているけど、今こういうのが聴けるということにレア感があるという意味では非常に興味深く味わえた。Passengersと聞いてピンとくるような人にはおすすめ。

( 2011 , Soundtrack )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。