Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mew / And The Glass Handed Kites
2005年 10月 31日 (月) 18:53 | 編集
mew_andtheglasshandedkites.jpg
Mew / And The Glass Handed Kites

ジャケに全てが表れている

2ndアルバム。今思えば、この変化は当たり前なのかもしれない。前作でも曲展開が複雑な
曲はあったし、何よりもこのバンドは他の新人バンドよりもはるかに挑戦的だった( ライヴでは
抽象的な映像をひたすら流していたしね )。とは言ってみたもののやっぱりこの変化には驚い
た。おどろおどろしい曲展開&前作以上の轟音ギターと天使のようなヨーナスの歌声のコント
ラストが独特の暗黒世界を生み出している。というか悪夢か。悪夢と書いて分かったけどこの
バンドは一貫して「夢」を描いている。前作が夢見心地の夢、そして今作が悪夢の夢だ。

第一印象として、驚いた、なんとも分かりづらいなんて思っていたけど、本当はすごくはっきりと
したアルバムだと思う。なぜなら、前作以上に闇と光の対比を描き切っているからだ。実際、そ
の構成要素は前作よりもバッキバキでクリアである。しかし、対比を描くため、それらが水面に小
石を投げるがごとくいくつもの波紋を生み出し、ブクブクと肥大化させ壮大な世界観を作り出して
いく。そのため、なんとなく前作よりもとっつきにくい印象を与えるが、構成要素ははっきりしている
分、しっかりとハートにはグサリと突き刺さっていく。そこに表現者としての彼らの飛躍を感じる。人
間って不思議だ。悪夢を目の前に突きつけられて、感動してしまうんだから。それが希望なのかな。

★★★★ ( 2005 )
Comment
この記事へのコメント
おおっと!ついにきましたねMew!!Fafnirさんも聴かれたのですね。このアルバム大好きです。買って以来ずーっと聴いてますが全然飽きません。闇と光の対比、まさにそれです、私が好きなのは。闇があるからこそ光が余計輝いてみえる。綺麗ですよね~。美しい悪夢。
2005/ 11/ 01 (火) 00: 59: 31 | URL | きょん # -[ 編集 ]
書きましたよ!きょんさんが好きだということはブログを見て知っていたので
気合を入れて書いてみたんですが、やはり自分には文才があまり無いようです(笑)
レビューにもあるように最初はあんまりよくわからないなぁと思っていたんですが
何度も聴くと、いつのまにか心に響いていると気づきました。

闇にスポットライトを当てることで、より光が強調される・・・深いなぁ(笑)
2005/ 11/ 01 (火) 20: 45: 55 | URL | Fafnir # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
トラックバックありがとうございます。私からもさせていただきました。今後ともよろしくお願いします♪
2005/11/01(火) 01:02:31 | Sing & Shout
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。