Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] TADZIO / TADZIO
2011年 06月 13日 (月) 00:42 | 編集

" TADZIO " / TADZIO

 仙台発、リーダー(VO.G)、部長(DS.VO)から成るガールズ・オルタナ・デュオ、TADZIO。活動開始は2010年、その活動歴の浅さがかえって得体の知れない自信となって牙を剥く。全11曲29分、全て一発録り。ハードコア、ガレージ、グランジを骨格に据えながら、突如噴出するようなフィードバック・ノイズ、毒舌な歌詞、頼りなくもポップな歌の掛け合いが絡み合って脳よりも先に体にクル。「ブス」「キレイ」とリズミカルに展開しながら「ビーストマスター」と必殺技でも唱えるかのように頂点を迎えるというツボを押さえた"Beast Master"、投げやりな厭世観と疾走感のあるギターがかなりグランジ的な"Belgium"、「お・前・の 脳みそどこだー!!」と叫び跳ねるようなリフが暴れる"NOmiso"など、勢いとセンスで突き抜ける感覚が詰め込まれている。この予測不可能な感じはあふりらんぽ、にせんねんもんだい、そしてもしかしたら神聖かまってちゃんなどと比較されるだろうが、それらのバンドとの決定的な違いは彼女たちの「冷めてる」佇まいにある。前述したバンドが音楽を以ってでしか自己表現できないような熱量を感じるのに比べ、メディア曰くなんとなく結成されたTADZIOは別に音楽でなくともいいかもといったようなクールさを持っているように思える。それがキュートなルックスから来ているのか、無意識なのか意識的なのかはわからないが、この突き放し具合にグッと来てしまうのだ(個人的には男として抗えないと思うのだがどうだろう)。またその辺がThe Killsを思い起こさせなくもなく、日本でもやっとこういうバンドが出てきたのかとも興奮したり。今後さらに厭世的なロックバラードを歌っても似合うと思うし、意外とエレクトロニクスとの相性もいいかもしれない。とにかく身勝手に色々と期待してしまうほど素晴らしい。

( 2011 )

Comment
この記事へのコメント
フィードバックノイズ好きとしては気になりますね。試聴してみます。
2011/ 06/ 17 (金) 07: 47: 55 | URL | かおもじ # -[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>かおもじさん
フィードバックノイズとして期待するとちょっと違うかもしれませんwでも面白いバンドなので是非聞いてみてください。

個人的には久々に邦楽の新人バンドにはまりました。
2011/ 06/ 20 (月) 00: 12: 42 | URL | fafnir # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。