Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Destroyed / Moby
2011年 06月 05日 (日) 01:11 | 編集

" Destroyed " / Moby

 8thアルバム。本人曰く、「街から人が消え去った深夜2時のサウンドトラック」だという今回のアルバム。収録曲のすべてはツアー中滞在したホテルで書かれたものだそうだ。彼は過去にまんま"Hotel"というタイトルを使用していたこともあったし、"Last Night"では過ぎ去った祭りの後の寂しさを表現していたし、どうやら人工的な空間の中での孤独感というテーマに思い入れがあるらしい。モービー自身の手によるジャケットもどこかSFチックな無機質さを感じさせるし、うん、同じくツアー中に制作されたゴリラズのアルバムとは趣が違う。リバーブするビートに物憂げなシンセが重なる1曲目"The Broken Places"から静寂なアンビエントが展開されるが、アルバム全体もそのトーンで統一されている。四つ打ちの"Sevastopol"、ソウルフルな女性ヴォーカルをフィーチャーした"Lie Down In Darkness"、自身の上手くはないが味はあるヴォーカルが披露されている"The Day"など、メロディックで安心して聴ける「静サイドの」モービー節。この人の作る耳なじみの良い美しいシンセはやはりたまらなく魅力的だ。とはいえここ最近の彼の作品には退屈さを感じることもあって、"18"以降の作品ってシャッフルされてもどのアルバムに入っている曲かすぐには判別できないほどのマンネリ感は漂っている。70分という収録時間の長さもあり、本当にファンしかついていけない領域に突入しているような。


-関連記事-
・[Review] Wait for Me / Moby
・[Review] Last Night / Moby

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。