Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Nine Types of Light / TV on the Radio
2011年 05月 07日 (土) 14:00 | 編集

" Nine Types of Light " / TV on the Radio

 5thアルバム。実質的なデビュー作"Desperate Youth, Blood Thirsty Babes"からしてすでに完成されたような音楽性を誇っていたTV オン・ザ・レディオ。すごく簡単に言えば、ロックに黒人的なソウル、グルーヴ感を持ち込み(若しくはその逆)、エレクトロやダブまでもブレンドさせるごった煮サウンドで一気にインディーシーンの最先端へと躍り出た。その佇まいはバンドというよりはむしろ音楽集団といったほうが適切のような緻密さで、リリースされる作品は毎度のこと恐ろしくクオリティが高い。勿論、今作もその例にもれず。前作"Dear Science"では歌とメロディーによって大衆化を図っていたが、それを更に推し進めて洗練と同時に、彼らの特異な部分だけを抽出したような純度の高い音像となっている。1曲目"Second Song"の控えめなイントロから段々と露わになるグルーヴ感とソウルフルな歌声にいきなり持ってかれるが、音がとてもよく整理されていてともすればシンプルにさえ聴こえる。そして特筆すべきは中盤"Killer Crane", "Wil Do"。優しく撫でるようなメロディーの背後で様々な生音や電子音が溶け合い、最早音響空間としか言いようのない圧倒的な音像で恍惚を誘う。なかなかここまでの成熟を見せたインディーバンドも珍しく、悩む00年代バンドにとって試金石なりえるのではないかと。残念ながら今作を最後にベージストのジェラード・スミスが他界してしまったが、このバンドにはこの先へもっと行ってもらいたい。

( 2011 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。