Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Different Gear, Still Speeding / Beady Eye
2011年 03月 22日 (火) 23:04 | 編集

" Different Gear, Still Speeding " / Beady Eye

 口うるさいノエル兄ちゃんが抜けた後、残ったオアシスのメンバーが和気藹々と作った1stアルバム。部活なんかで先輩がいる時には「先輩!今日もおはようございます!」なんて緊張感を持って言うけれども、いざ自分が上の世代になるとのびのびして場合によっては横着してしまう、そんな感じあるじゃない?今作はまさにそれで各々がミュージシャンとしての力量をじっくりと試しながら、好きなものからの影響を隠さずに放出した趣味全快のアルバムとなっている。オアシスにあった壁のようなディストーション・ギターはいくぶん鳴りを潜め、古き良きブリティッシュロック、ブルースが花を咲かせているようだ。ワウが効いたギターとリアムのザ・スターな歌声が楽しめる冒頭曲"Four Letter Word"もいいのだけど、個人的にはむしろ優しいメロディーが耳をなぞるミディアムナンバーに耳を奪われた。"The Roller"や"For Anyone"はいつの時代、誰に聴かせても口ずさませてしまう普遍性がある名曲。この、四人で円になって互いの呼吸を合わせるように穏やかに鳴らしていく感じは、なるほどかつては出来なかったことなのかなと思ったり。このアルバムからの楽曲がスタジアムで合唱となったり、ましてやあの頃の狂乱に結びつくことはほぼ間違いなく無いだろうが、鼻歌交じりに聴くには十二分の出来なのでは。

( 2011 )

Comment
この記事へのコメント
僕はむしろオアシスより全然好きですねー。こっちの方がより力強くロックらしい。歌よりまずバンドありきって感じ。オアシスほどになるかは微妙ですが、でも主要音楽誌で年間ベストに選ばれるのは確実だろうし、後々まで語られる名盤級のアルバムであるというのも確実かと思います。
2011/ 03/ 23 (水) 06: 56: 21 | URL | かおもじ # -[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>かおもじさん
コメントありがとうございます。

かおもじさんはBeady Eyeを高く評価されているのですね。私はオアシスとは別物だという判断は下せるのですが、そこまで評価しきれないでいたりします・・・。

>歌よりまずバンドありきって感じ。
確かにこれは感じました。オアシスよりもよっぽどバンド然としていて、音楽的には色々やっていて面白いですよね。リアムの成長ぶりにも驚かされました。

サマソニではどんなパフォーマンスをするのか気になるところです。

2011/ 03/ 24 (木) 22: 25: 03 | URL | fafnir # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。