Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] The King of Limbs / Radiohead
2011年 02月 27日 (日) 15:58 | 編集

" The King of Limbs " / Radiohead

 8thアルバム。ネット上で突如発表され、早くもパート2が出るのか出ないのかと憶測が飛ぶなど、毎度のこと話題になるレディオヘッド。しかしそんな喧騒とは無縁かのように、アルバムの内容はひたすら自らの音楽を研ぎ澄ましているようだ。"KID A"以降とも言えるエレクトロニカと緻密なバンド・サウンドを駆使して、ダークではあるけれども美しくて儚い音世界を構築しているのは相変わらず。そして今回はダブステップからの影響を感じさせるところも随所に現れて、未だその音楽に再定義を課し続けていることも提示。ただ、生音と電子音の垣根はかつての作品から比べると遥かに低くなっていて、最早どこからが生音かそうでないかが分からないほどに整理されている。主にエレクトロニカ、その他の様々な音楽に対する咀嚼も、ここへきて確立した感が。その替え難い音楽的センスに再び感嘆すると共に、余裕さえ感じてしまう。
 8曲37分という短い時間だが、聴き所は色々とある。積み上げられた刺激的なリズムと前に出たベース音が脳に直接響くような"Morning Mr Magpie" 、緻密なリズムと浮遊感、そして歌が実にスムーズに結実し今作を代表する"Lotus Flower"、否が応にも苗場の夜の森を思い起こさせるような神秘性が支配する"Give Up The Ghost"などなど。決して当たり前では無いサウンドを、スムーズに、軽やかに、コンパクトに描き切ったという意味で彼らの近年の彼らの真価を発揮している1枚。その分、試行錯誤に伴う大きなうねりだとか焦燥感、コマーシャルな部分というのは全てカットされているのでそこに期待している人は素直に"The Bends"と"OK COMPUTER"を取り出そう。

( 2011 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。