Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[注目リリース] 2011年2月
2011年 01月 30日 (日) 23:10 | 編集
注目リリース第二回目です。1月はオリジナルよりもライヴ盤やベスト盤を紹介させていただきましたが、2月はようやく2011年も始動したといえるオリジナルが多い月になっています。では、お気軽にお読みください。

・" Hardcore Will Never Die, But You Will " / Mogwai
Hardcore Will Never Die But You WillHardcore Will Never Die But You Will
(2011/02/15)
Mogwai

商品詳細を見る



まずはモグワイ!相変わらず、いい味したノイズと演奏を聴かせてくれますねー。彼らは間の取り方や緩急の付け方が非常に上手くて、毎度おぉ!と唸らずにはいられません。常にポストロック界をリードし続けてきたパイオニアだからこそ。今回はヴォーカルを入れた楽曲が多くなると言うことですが、上手く嵌まっているのでしょうか?早く聴きたくて待ちきれませんね。ちなみにリリース日に日本でライヴすることになっています。

・" Seefeel " / Seefeel
Seefeel [解説・ボーナストラック付き国内盤] (BRC282)Seefeel [解説・ボーナストラック付き国内盤] (BRC282)
(2011/02/05)
シーフィール

商品詳細を見る



お次はSeefeelです。実はモグワイよりも以前に"Post Rock"という名を冠されたアーティストであり、電子音響バンドの先駆けとなった存在であったりしたそうな。15年ぶりのカムバックにして、ワープ・レコードからのリリースとなります。端的に言えばIDMとなるのでしょうが、エイフェックス・ツインともオウテカとも異なる独特の冷たいサウンドが特徴的です。個人的には過去作"Succour"があまりにもツボで大好きになってしまったので、今回も非常に楽しみですね。彼らはSonar Sound Toykoへの出演も決まっています(しかも日曜日!)。

・ " Let England Shake " / PJ Harvey
Let England ShakeLet England Shake
(2011/02/15)
PJ Harvey

商品詳細を見る



ハーヴェイ姐さん約3年半ぶりの新作です。タイトルが英国を揺らせ、ずいぶんと攻撃的なタイトルですね。フラッドと共に共同プロデュースした作品となっています。この"Written On The Forehead"も残響音が通低にあり、なんともいえない歌声が乗る美しい楽曲となっていますね。発売前から何度もこの曲を耳にしているのですが飽きません。正直なところ彼女にはあまり思い入れは無いのですが、他の曲も良さそうなら是非チェックしてみたいと思います。

・" TO THE LOVELESS experienced " / BOOM BOOM SATELLITES
EXPERIENCED(DVD付)EXPERIENCED(DVD付)
(2011/02/23)
ブンブンサテライツ

商品詳細を見る



BBSの初ライヴ盤です。ツアーのファイナル、幕張メッセイベントホールでのライヴを収録した内容になっています(SHIBUYA O-EASTでのライヴ)。随分とロッキンなライヴになっていることは最近の彼らの作品からみれば自然な流れなのですが、それでもよく聴けばやはり音を緻密に積み重ねてますねー。ライヴでのアレンジも色々とやってくれる彼らなので、このライヴ盤も一聴の価値ありです!できればブルーレイを用意して欲しかったところなのですが・・・。

・" Different Gear, Still Speeding " / Beady Eye
Different Gear Still SpeedingDifferent Gear Still Speeding
(2011/02/28)
Beady Eye

商品詳細を見る



最後は新人にして(?)一番ビッグネームなビーディー・アイです。なんだかんだ言ってもやはりリアムには注目してしまうんですよね。この"The Roller"もシンプルなロック・ソングとなっていて、メロディーと歌声の良さが引き立つようになっていますね。他に公開された"Bring The Light"もまんまロックンロールであったので、そういった趣のアルバムになっているんでしょうかね?この路線はこの路線でなかなかカッコよくて、元オアシスと言うことを考えないようにすれば素直に楽しめそうですね。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。