Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monkey Majik / Eastview
2005年 10月 20日 (木) 14:56 | 編集
monkeymajik_eastview.jpg
Monkey Majik / Eastview

ツボだわこれ

2ndアルバム。インディーズ精神だかなんだか知らないけど頭っから知名度を上げる
ことを放棄して、閉塞的な空間に逃避していくバンドってどうかと思う。それだったら
趣味でやれば良いし、第一バンドやるのにそんなに保守的でどうするんだよ。かとい
って、脳みそまでもフニャフニャにしてしまうような陳腐なサウンドや言葉「のみ」で作
られた音楽はもちろん聴くにも値しない。その高い二本のハードルを越えているのが
この Monkey Majik というバンドである。カナダ人の兄弟のツインヴォーカルに日本人
のリズム隊というバンド構成からなのだろうか、邦楽的な、これでもかっていうぐらい
親しみやすいメロディーを、洋楽的な「ロックとしてのエッジ」を失わずに奏でている。
そしてさらに凄いのは、それをストイックな姿勢で高みに近づけるのではなく、音出し
たらこうなっちゃいました的な自然さがあることだろう( 裏には努力が隠されていると
は思うが )。そういう姿勢があるからこそ、ここまで突き抜けたキモチイイ サウンドに
聴こえるんだろう。 Def Tech が売れるのは分かる。でも本当はこういうバンドが売れ
る方が、シーンとしては健全なんだよなぁ。どうやらこれからはメジャーに進出するら
しい。いよいよ総力戦になるだろうけど、是非今の姿勢のまま邁進してほしい。

★★★ ( 2005 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。