Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] SENSE / Mr.Children
2010年 12月 04日 (土) 01:19 | 編集

" SENSE " / Mr.Children

 2年ぶり、初のシングルリリース無しとなる15thアルバム。個人的なミスチル観としては"深海"がベストで次点が"Q"、"DISCOVERY"、最近の作品はほぼ横ばいでそれなりに聴き続けていて。そこまで熱心なミスチルリスナーとは言えない私であるが、今回のアルバムは先に挙げたような作品の匂いのようなものを感じてなかなかのファーストインパクトがあった。内省的なナンバーが立て続けに続く冒頭や、それでもなお"fanfare"のようなポップなクライマックスを用意してくるあたりなど(耽美な"ロザリータ"、ミニマルな"蒼"からの流れっていうのが良いんだよなー。おかげでこの曲の過剰さが好きになってしまった)。そもそも「もう いいでしょう!?これで終わりにしよう」という曲から始まり、「Forever そんな甘いフレーズをまだ信じていたいんだよ」で終わるこの多面性というか矛盾がいかにも彼ららしいじゃないか。そんなわけで最初はこれは現代の"深海"かもしれない!なんて興奮していたわけだけど、聴き重ねるうちに興奮は下降線を辿ってしまった。その一番の原因は、あまりにも肉迫とした表現に欠けることだ。近年の彼ららしい詰め込みすぎなアレンジが今作でも満載で、せっかくの良いメロディーや歌に集中をさせてくれない。それだけではなく、ストリングスやブラス、キーボードが職業的に響きすぎてサウンド自体がプラスチックのような無機質ささえ放っているように思える。"365日"や"Prelude"といった楽曲はもっとシンプルなアレンジの方がグッと来るような気がするのだけどなぁ。何よりギターやベースなんて必要最小限しか鳴ってないわけで、バンドとしてこれでアリなのかと勘ぐってしまう。今回のアルバムで自分達の音楽を再定義したいという思いも少なからずあったと思うのだけれど、なんとも中途半端に着地してしまったという印象が拭えない。

★★★ ( 2010 )

- 関連ページ -
・[Review] " SUPERMARKET FANTASY "
・[Review] "HOME"

Comment
この記事へのコメント
本当同感です
小林武史のキーボードと
その他のアレンジが鬱陶しいです
桜井の曲は良いんですけどねぇ
2010/ 12/ 11 (土) 16: 25: 24 | URL | ペチカ # JTUfhjBw[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>ペチカさん
起こし頂いてありがとうございます。

最近のミスチルはあれんじで損している感が否めないですよねぇ。
完全にセルフプロデュースな彼らの作品を聴いてみたいです。
2010/ 12/ 16 (木) 19: 56: 12 | URL | fafnir # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今までを振り返り、「未来」を見つめる・・・ ミスチルがこれまで感じてきたものをすべて詰め込んだ、会心の1枚です! SENSE(2010/12/01)Mr.Children商品詳細を見る ※赤字は良かった曲 1.I 2.擬態 3.HOWL...
2010/12/07(火) 23:58:57 | 新しい世界へ・・・
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。