Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水曜どうでしょう祭り
2005年 10月 17日 (月) 18:58 | 編集
suidou.jpg

「水曜どうでしょう祭」最終日に行って来ました!本当は3日間すべて行きたかったんですけどまぁ
受験生の身ですから最終日だけ、それも午後からという非常に少ない時間だけ(本当に残念!!)
行って来ました。もちろん、めちゃくちゃ楽しかったです!!

「水曜どうでしょう」とは北海道で放送されていたローカル番組で(現在は全国の数局で放送中)
大泉洋、鈴井貴之のタレント陣に藤村(ヒゲ)、嬉野(うれしー)の4人、俗に言う「どうでしょう班」
の四人の旅番組です。まぁ旅番組とはいっても旅先とかあんまり関係ありません(笑)何故かというと
番組のほとんどは大泉洋を騙し、騙されたことに対する大泉のぼやき(そして藤村とのかけあい)で
構成されているから。知らない人からすると「そんなもん見て面白いのか?」と思うと思いますが
実はその意外とも思える番組の構成力こそ成功の秘訣だったのですね。とにかくファン(というかマニア)
が熱く、もう番組を何度もDVDでリピート→一人でゲラゲラといった始末なのです。

そして、どうでしょう祭ですが、4人が言っていたとおりそのマニアの中でも「エリート」、「生粋の馬鹿」
である4万人(!)が集まったのです!しかも道外のマニアは7割!!内容は縁日や展示品といった
学祭的なノリのものと一日2回のトークショー、樋口了一のライヴ、花火といった感じです。

何が楽しかったってそりゃトークショーですよ。もうみんなツボ分かりすぎ。最後の「どうでしょうの名
ゼリフ」トップ10の時なんか何を言うか完全に分かってるからね!全員何回も見てるんだろうなぁ。
そして最後はやっぱり泣きそうになったな。どんな祭りでも終わるときは寂しいものですが。

すれ違う人全員が満面の笑みだったのと、大泉たちが何度も「僕は一生どうでしょうします!」と言った
のが印象的だったすばらしい祭りでした。2年後はいけないだろうけど今回体験できてよかったです。

※どうでしょうを教えてくれた友人のU君には本当感謝したいですね。彼がいなければ絶対に
祭りには行ってませんでしたから。おみやげいらないって言ってたけど絵馬買ったから楽しみにしててくれぃ!!
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。