Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2 / 宇多田ヒカル
2010年 11月 23日 (火) 23:39 | 編集

" Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2 " / 宇多田ヒカル

 2010年いっぱいで音楽活動を休止し、「人間活動」へと専念する宇多田ヒカルの休止前打ち上げ花火的なベスト・アルバム。前ベスト盤である"SINGLE COLLECTION VOL.1"の続編という意味合いもある。Disc1では13thシングル"誰かの願いが叶うころ"~21thシングル"Prisoner Of Love" + エヴァ破主題歌"Beautiful World -PLANiTb Acoustica Remix-"が収録され、Disc2では大盤振る舞いで新曲を5曲も収録。(レコード会社の策略が背後にあるであろう)ベスト盤はベスト盤なんだけれども、ある程度リスナーに目を向けているのかと。彼女曰く「誠意ある作品」だそうな。
 前にも書いたことだけど、彼女の最大の魅力は何かといえば「切なさを独特の言い回しで、モンスター級のメロディーセンスとアレンジによって超高性能なポップスに仕上げていること」。それは今も昔も変わらず、勿論今作でもたっぷりと味わうことが出来る。むしろシングルを集めているからこそ、ポップネスと切なさとのコントラストは強い。では逆にVol.1との違いはというと、前述した「アレンジ」の部分、もっと広義で言えば音楽性の変化だ。Vol.1では所謂R&B調のビートが強く歌唱を引き立たせるような音楽が目立っていたが、Vol.2ではエレクトロニカやアンビエントからの影響を色濃く反映させトラックと一体に歌があるという音楽になった。もう少し詳しく言えば、"Passion"や"This Is Love"などの実験を重ねた結果、"Heart Station"というエレクトロニカ/アンビエントをJ-POPへ落とし込む=他の追随を許さない地平へと辿り着いたと言えるだろう(その文脈故に曲順は時系列の方が合っていると思うんだよなぁ)。それともう一つ、今作を聴いて心底凄いと再確認したのはそのコーラスワークの独特さ。多くの楽曲でコーラスが多層的に組み合わされているのだけど、それが絶妙すぎて聴き心地が滑らかなのだ。しかもよく聴くと歌メロと合ってなさそうだったり、極端に暗いメロディーだったりして、楽曲の奥深さをプラスさせている。というか病み付きになる不気味さを内包していると言ったほうが正しいだろうか。
 そして新曲も良い。PVも制作された"Goodbye Happiness"なんて泣きそうになるぐらい切なさ爆発だし、"Show Me Love (Not A Dream) "、"Hymne à l'amour 〜愛のアンセム〜 "は新しい彼女を見せてくれるし、"嵐の女神"、"Can't Wait 'Til Christmas"はシンプルなアレンジが切迫とした表現を引き出しているし。休止するなんて勿体無いと思えるほど。しかし暫しの別れ、また会える時を楽しみに待ちながら彼女が歩んできた大きな大きな足跡を反芻しよう。

( 2010, Best Of )

-関連記事-
[Review] "Heart Station"
[Review] "ULTRA BLUE"

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。