Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Move of Ten / Autechre
2010年 09月 17日 (金) 07:30 | 編集

" Move of Ten " / Autechre

 3月にアルバム"Oversteps"を発表したと思ったら半年経たずに新作が。今作は、前作完成後ライブ・セット用にシステムに修正を加えてゆく過程で生まれたというEP。言わばほぼ同環境で制作された双子のようなものだ。それを裏付けるように、前作のサウンドを決定付けていたアンビエントやミニマル、音響空間の作り方といったものが踏襲されている。しかし前作と異なるのは、リズムがより強調されていること(前作を静とするならば、今作は動)。ただ「リズムを強調」とは言っても、過去の複雑怪奇なビートではなく、シンプルで淡々としたビートで構築されているのが特徴かと。今まで以上に知性やエレガントさが前面に出ているような。そして、なんと四つ打ちまで飛び出し、なかなかの聴きやすさというか、彼ららしからぬバランスを保っているのも面白いところ。"Oversteps"と合わせて聴くと、その共通点や違いを興味深く感じられるかもしれない。
 個人的にはオウテカに長いこと苦手意識を持っていたのだが、この一連のシリーズが思いのほか聴きやすかったので苦手意識が大分軽減されたような気がする。苦手でも何故か過去作は買い続けてはいたので、これから聴き込めるのかも知れない・・・寝かせたなぁ随分。

( 2010 , EP )

- 関連記事 -
[Review] Oversteps
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Move of Ten : Autechre 前作(過去レビュー)からわずか半年程度というショートスパンで発表された新作は、前作の製作過程で産み落とされた双生児的作品らしい……とは言っても前作で感じられた静謐な雰囲気は後退し、全体に渡ってリズムが強調されたフロア志向的作品...
2010/12/26(日) 10:49:55 | Yokohama Beat Junkie
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。