Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Existence / Detroit Social Club
2010年 08月 29日 (日) 19:23 | 編集

" Existence " / Detroit Social Club

 1stアルバム。英国ニューキャッスル出身の6人組、デトロイト・ソシアル・クラブ。フジロックRED MARQUEEでの新人らしからぬ堂々とした(偉そうな)パフォーマンスに思わず興奮してしまったので手に取ってみた。ジャケットは思いっきりメタル風だが、内容はプライマル・スクリーム、カサビアンの系譜となる伝統的UKグルーヴ・ロック。オアシスが最後のオープニング・アクトとして抜擢し(ノエル好きそうだもんなぁ)、プライマル・スクリームの前座も務めたというエピソードも納得出来る。落ち着いて聴いてみると思った以上にそつがなくて、「真新しさ?そんなもん知らねぇ」なんて声が聞こえてきそうだ。歪ませ、多層的なサウンドしつつも結局はメロディーと勢いで何とかしてしまうとこなんかもまんまカサビアンの初期を思わせる。他にもザ・ヴァーヴやハピマンを想起させるところもあったりして、何となく参考にした年代というのが分かってしまうような。とはいえ、やはりこの手のサウンドが大好物であるのは疑いようの無い事実であることは確か。何年かに一度の「超ド級新人!」なんていう文句に食傷気味になりつつもついつい手を伸ばしてしまうんだな、これが。惜しむらくはシングル・ヒットしそうな楽曲に欠けることで、インパクトが足りないことか。でももしかすると2ndで化けるタイプかもしれない・・・少なくともそういった得たいの知れなさを醸すような存在であるのかな。ちなみにフロントマンはデヴィッド・バーンだが、本家とは何の関係も無し。

★★★ ( 2010 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。