Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] How I Got Over / The Roots
2010年 08月 11日 (水) 07:17 | 編集

" How I Got Over " / The Roots

 生演奏ヒップ・ホップの雄、ザ・ルーツの9thアルバム。これは多くの人が一聴して「良いアルバムだ!」と確信できるものになっているのではないだろうか。ここ最近のハードでシリアスな政治的路線から、甘さの香るスムースな音楽へ。今作には、元来備わっているジャズ+ヒップホップから、ソウル、そしてインディー・ロックさえもカバーする幅広さがある。そして、それらが柔らかいが確かな演奏で以って支えられている(やはりドラムが素晴らしい)。また、ゲスト陣も多彩でダイス・ロウやジョン・レジェンドといったまさにというところから、ダーティー・プロジェクターズの女性3人、モンスターズ・オブ・フォーク(マイ・モーニング・ジャケット)という変り種まで10組以上が参加(ゲスト陣の多彩さは彼らがハウスバンドを務めたテレビ番組"Late Night"の影響が多分にあるらしい)。個人的には特に女性ヴォーカルの楽曲が素晴らしい思っていて、全体のスムースな流れに上手く嵌っていると感心した。彼らは一貫して生演奏+ヒップホップというスタイルにのみ固執することなく、良い音楽とは?ということに視点を広げていたが、今作はキャリアの中でも際立って音楽観の確かさが伺える作品かと。ヒップ・ホップファンのみならず、むしろ自分のようなヒップ・ホップに明るくない人にこそオススメ。約40分という収録時間の短さも手伝ってか、ついついリピートしてしまう。

★★★★☆ ( 2010 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。