Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Renegades / Feeder
2010年 07月 13日 (火) 07:24 | 編集
feeder_renegades.jpg
" Renegades " / Feeder

 7thアルバム。潔いぐらい真正面なロックアルバムである。ギターがガーンと鳴り、ベースがゴリゴリ唸り、ドラムはドカドカと響く。非常に馬鹿っぽい表現だということは自覚しているが、本当にそうなのだから仕方ない。前作"Silent Cry"はセルフ・プロデュースで作られたこともあって、ラフでシンプルなまさにスタンダードと呼べるものであったが、今作はメーターの針が壊れるかのごとく振り切っている。バンド・サウンド以外収録しない、全編ディストーション、短尺。ここまで何も足されていない音を聴いたのは久しぶりかも。また、ギターのアルペジオから導かれる曲なんていうのはほぼ存在しないだけではなく、美しいメロディーに、ストリングスなど絡んだいわゆるフィーダー節も封印。ひたすらに前のめりでピュアなものだけを抽出し、そのまま放出している。
 今作を聴いていると、デビュー当初「スマッシング・パンプキンズに対するUKからの回答」などと言われたことを思い出す。だがしかし今は21世紀、スマパン然り90年代オルタナティヴバンドはほぼ全滅状態(残っているのはパール・ジャムぐらい?)。そんな中こうやって続けられる(転がり続ける)というのは素晴らしいことじゃないだろうか。これはひとえに彼らのロック好きからくるもので、その魅力をブレずに追求してきたからこそ。やはり全幅の信頼を置けるバンドだ。こんなノリに乗っている彼らだがどうやら次作はそう遠くない未来になりそうらしい。どうやらクリエイティヴィティーが爆発しているようで、早ければ2010年中にもう一枚出すとも(!) 是非とも活きの良いロックサウンドを世界に響かせてもらいたい。

★★★☆ ( 2010 )

-関連記事-
・[Live Report] Feeder @ 渋谷 QUATTRO ( 2009.02.23 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。