Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] It’s Here / カヒミ・カリィ
2010年 07月 12日 (月) 07:34 | 編集
It’s Here / カヒミ・カリィ
" It’s Here " / カヒミ・カリィ

 7thアルバム。"Trapeziste"が自分の音楽を見つけるための実験への門出、前作"NUNKI"が実験の極致だとしたら、今作はその実験をものにして自信と共に祝福しているようなアルバムだ。彼女のような音楽性が変わり続けている音楽家にとって安住の地は無いのかもしれないが、しかしキャリアを積み上げを確かめるように自然に、しなやかに流れる今作を見るに「到達した」という思いがする。このタイトルに関してもそういった意味が含まれているのではないだろうか。
 今作が到達したとさえ感じるのは今作を構成する要素が絶妙に、しっくりと「嵌っている」からだ。まず、前作同様にたジム・オルークや大友良英がプロデューサーとして参加。最早お馴染みの面子といっても良い二人が参加することで、生々しさと地に足を付けたバンド感が存在する。そして、意識せずとも鳴り続ける心臓の鼓動のようなアフリカン・パーカッションとポスト・ロック以降の多層なサウンド、そこに乗せられる彼女の歌の調和が素晴らしい。今回このサウンドの骨格が彼女自身の手で作られたことは驚きだが、それ以上に彼女の歌の説得力が上がっていることに耳を奪われた。何かと「ウィスパーボイス」で片付けられてきた彼女の歌だが、はっきりと「カヒミ・カリィの歌」になっていて形式から解き放たれた自由を感じる。これは近年の代表作になり得るものにして、今後の活動も期待させる充実作だ。

★★★★ ( 2010 )

Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。