Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇多田ヒカル / Be My Last
2005年 09月 19日 (月) 19:40 | 編集
utada_bemylast.jpg
宇多田ヒカル / Be My Last

前作「 誰かの願いが叶うころ 」から、Utada名義で全米デビューなどを経て1年7ヶ月ぶりの
14thシングル。「 Be My Last 」は「 First Love 」系のラヴソング。ファンの人には悪いが(自分
も熱心ではないけどファンだが )ここ数年の宇多田ヒカルの迷走ぶりが出ている作品になって
いるように思えて仕方が無い。一大ブレイクから、「 Traveling 」「 SAKURAドロップス」のような
細かいサウンド構築しつつ圧倒的な普遍性を手にするという凄みを見せ付けた彼女だったが、
「誰かの~」から全米デビューの時期で歯車が狂って行った。「 Exodus 」のアレンジの中途半端
さは残念だったし。そして、期待した新曲だったわけだけど、この曲も中途半端感が否めない。
でも、悪い曲かといえばそうじゃなくて。良い曲なんだけど次なる宇多田ヒカルを提示するほどの
インパクトが無いってだけ。まだ判断するには時期尚早なのかな。次作「 Passion 」、そして来る
べきアルバムで判断しよう。まだ「 終わった 」とは思いたくない。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。