Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ABBOT KINNEY / LOVE PSYCHEDELICO
2010年 01月 27日 (水) 01:57 | 編集

" ABBOT KINNEY " / LOVE PSYCHEDELICO

 5thアルバム。USベストアルバムを経て届けれらたこのアルバムは、良い意味でシーンを無視した気持ちの良いアルバムになっている。否、彼らのアルバムが時代に併合したり、気持ちよくなかったことはいまだかつて一度も無かったのだが、今作は過去最高に耳なじみが良いかもしれない。生楽器の音がよく響くようにプロダクションされたサウンドに、ところどころ効果的使われるバンジョーやマンドリンの響き、練られたメロディー。割と歪んだロック的なアプローチ(ものすごくステレオタイプだけど)をしていたここ数作から、グッと60-70年代のオールドロックに寄ったといえるのではなかろうか。これはデビュー当時を遥かに凌駕するものであり、原点回帰ならぬルーツ回帰と呼べる。そこに乗せられるKUMIのヴォーカルもデビュー当時の倦怠を抱えたものから比べると朗々と響き、歌そのものを楽しんでいるようなそんな充実感を感じさせる。今年で10周年らしいが、その事実があまり重要でないように思えるぐらい自然体な作品。でも思えば彼らがマイペースでなかったことは無かったわけで、それは一度ブレイクをしたユニットとしてはありえないし、凄いことだと思う。あくまでも音楽ありきを自然体で実行する隠れた高才たちの貫禄の作品。これはふとしたときについつい聴いてしまうだろうな。

★★★★ ( 2010 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。