Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MUSE (2010.01.12)
2010年 01月 14日 (木) 16:24 | 編集
MUSE @ 日本武道館 ( 2010.01.12 )



いやー何から書き出して良いのか分からないほど密度の高いライヴであったように思う。
マシューの見る度に変態度の増すギター・プレイ(ギ、ギター・ソロが・・・!)&宇宙
人と交信するような歌唱、縁の下を支えるだけでなく主張しまくるリズム隊(ドラム&
ベースだけのジャムもあり)、レーザーなどの派手な演出に負けない相変わらずの超絶
過剰な楽曲の数々を録音よりも遥かに破格にしてしまう力量、ドムさんのガチャピンコス
プレに垣間見えるお茶目さ、などなどいかにもミューズらしいライヴだったってこと。
でも書き出すと他にも色々とありそうなので、以下主に"The Resistance"の楽曲に絞って
書いていきたい。

最新作の楽曲の素晴らしいこと、素晴らしいこと。初聴きの時は正直いまいちかもって思っ
た楽曲達だが、聴いていくうちに馴染み、そしてライヴでは2,3割り増しで良い。やっぱり
つくづくライヴバンドだな、彼らは。今作の楽曲はライヴで聴くとスケールがとても大きく
て、武道館だからこそ似合う。盛り上がりまで溜め、BPMも遅め、しかし美しいメロと静と
動のコントラストが際立っている。"Uprising"はチョーキングまでワクワクしてなったと同
時に大歓声、"United States Of Eurasia"も「ビヨー!」で大歓声だし、"Unnatural
Selection"なんて怪物みたいな曲だと思ったほど。他にも"Guiding Light"、"Undisclosed
Desires"なんかは今まで以上に聴かせるナンバーになっていたし(特に後者のエレクトロニ
ック・サウンドが心地良い!)、今のミューズに隙はない。もう演歌・メタルバンドとは誰に
も呼ばせないのだ、誰が呼んでいるかも知らないが。

そして武道館だけのレア曲は"Dead Star"と"Can't Take My Eyes Off You"のカバー!
どっちも絶対やらないだろうと思ったから歓喜。今後もしかしたら一生お目にかかれない
かもしれない。しかーし、"Stockholm Syndrome"はやって欲しかったぞー!代表曲のひとつ
じゃないかぁ!言っても無駄ということは分かっているけども。

もう武道館は狭い、それだけのパフォーマンスだった。次はさいたまスーパーアリーナか
フジorサマソニトリクラスでしょうに。まだまだ大きくなりそう、このバンドは。

-Set List-
01. Uprising
02. Map of the Problematique
03. Supermassive Black Hole
04. New Born
05. Interlude
06. Hysteria
07. Guiding Light
08. Dead Star
09. Nishe
10. United States Of Eurasia
11. Can't Take My Eyes Off You (Andy Williams cover)
12. Helsinki Jam
13. Undisclosed Desires
14. Resistance
15. Starlight
16. Time Is Running Out
17. Unnatural Selection

-Encore-
18. Exogenesis: Symphony, Part 1: Overture
19. Plug In Baby
20. Knights of Cydonia


-関連記事-
"The Resistance"レビュー
"H.A.A.R.P."レビュー
2007年来日公演ライヴ・レポート
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。