Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MIKA ( 2009.11.30 )
2009年 12月 02日 (水) 19:20 | 編集
・MIKA @ 新木場 Studio Coast ( 2009.11.30 )



どんなバンドであれ、ライヴという行為(現象)自体は非日常的なものである。何千人、何万人
が集まり、音楽に合わせて踊り、歌う。そんな様子はどう見たって日常には存在しない光景だろ
う。そんな非日常感を凝ったステージセットと演出で完璧なファンタジー世界へと作り上げてし
まったのがこのミカである。宇宙服、ビッグ・ガールと呼ばれる体格の良い女性達、ポップな衣装
(しかも客席に投げてたな)、紙吹雪。それぞれはそこまで目新しいものではないが、相乗効果で
ディズニーランド顔負けの空間になっていた。しかし彼の放つファンタジーがまるでグリム童話の
ような毒々しさを内包していることは、オープニングのスペース・シャトル打ち上げ「失敗」とい
う演出からも分かる。彼のファンタジーは負から始まるからこそ、またそこから昇華するからこそ
力強く、そして感動的なものになるのだ。

そしてパフォーマンスがそのファンタジー空間に負けていないどころか、そこからはみ出すぐらい
のモンスターぶりを発揮。才能というものがここまで客席に訴えかけるライヴは初めてで、歌、客席
とのコミュニケーションの取り方、スター性、どれもがパーフェクト!しかもいちいち自分のMCを翻
訳するほど日本語を喋るし、一体何なんですかこの人は。セットリストも素晴らしく、本編後半
人気曲/アンセムの怒涛の連打には凄すぎてちょっと涙が出そうになってしまった(やはり"We Are
Goldenの合唱は凄いことになっていた)。はっきり言ってライブ・ハウスではもったいない、日本でも
スタジアムに通用するほどのライヴ。是非日本でも人気がもっともっと出てもらいたいものだ。
ゲスト出演した宇多田ヒカル経由で人気出たりしないものだろうか・・・う~ん。

本当にあっという間に時間が過ぎてしまって、20曲近くもやっていたなんて信じられないほど。
で、ライヴ終わってふと頭に浮かんだのは、彼が「まだ2枚しかリリースして無いアーティスト」
であること。ちょっと異常なぐらいの貫禄が備わってる。時期尚早だけれども3rdアルバムの発売
、次回の来日が今から楽しみで仕方ない。

・Set List
01. Relax (Take It Easy)
02. Big Girl (You Are Beautiful)
03. Stuck in the Middle
04. Dr. John
05. Blue Eyes
06. Touches You
07. Pick Up Off The Floor
08. One Foot Boy
09. Blame it on the Girl
10. Happy Ending
11. Let It Snow (with 宇多田ヒカル)
12. Billy Brown
13. I See You
14. Rain
15. Love Today
16. We are Golden

- Encore -
17. Toy Boy
18. Grace Kelly
19. Lollipop
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。