Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A Brief History of Love / The Big Pink
2009年 10月 15日 (木) 00:31 | 編集

" A Brief History of Love " / The Big Pink

 1stアルバム。ザ・ビッグ・ピンクはロンドンを拠点に活動する、二人組。NMEアワードにて2009
年の最も期待される新人として選ばれた。NMEのセレクトってかなり偏っていていつもあんまり
信用しないんだけど、今回は大当たり。
 甘美なメロディー、押し寄せるフィードバック・ギターやノイズ、生かどうか分からない加工され
まくったリズム。ポスト・ロック×シューゲイザー×ゴス×マッドチェスター×サイケ、もう何とでも
呼んでくれ。というかそれら全てをインプットしているのだろうし、それを自らの音に落とし込む方
法も知っているようだ。確かに、UKロックを愛聴する自分にとってこの音楽に手が伸びない理由
は無い。しかもこれが、アングラな音楽として鳴っていないところが凄くて(その要素ばかりなのに)。
"Dominos"を聴けば分かるとおり、コーラスでの高揚感、爆発力は完璧にフロア/ライヴ対応
で最早アンセムとすら言って良い出来。結果、微かな棘を見せつつも、誰が聴いても分かりや
すいロック・アルバムになっている。この音の構築力、アウトプットの秀逸さははっきり言って新
人離れした怪物性を感じさせる。実際、ピカピカの新人ではないようだけども。あと、個人的な観
点から言えば、全体に渡る言いようの無いいかがわしさや耽美さが、初期のバウハウスなんか
を想起させていたりして嬉しくなる(そういえばレーベルも同じ4ADだね)。やっぱり今のゴスより
も、「あの時代の」ゴスの方が自分にはしっくりくるなぁ。当時は生まれてすら居なかったがね。
 アートワークやPVのセンスも素晴らしくて参った。世界観をしっかりと視覚的に表現してる。
しっかし、こういう退廃的な感じに非常に弱いんだよなぁ。首尾ツボ、脳天直撃。

★★★★ ( 2009 )
 
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。