Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
" Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2009 Japan " / 坂本龍一
2009年 09月 24日 (木) 21:53 | 編集

" Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2009 Japan " / 坂本龍一

 教授の今年の活動に関してはまずオリジナルの"out of noise"があり、自伝があり、「ユリイ
カ」があり、北海道限定シングル"noid"があり、ツアーがあり、その24時間以内配信があり、NHK
-BSでの放送があり、YMOとしてのWORLD HAPPINESSがあったと。最後のひとつ以外熱心に追
いかけていた自分にも驚きだけど、確かに今年の教授の活動は確かにそうさせるぐらいの熱さを
持っていたと思う。で、今作なのだけど正直後の祭りだと思っていて、あまり能動的に聴く気にな
らなかった。なんだけれども、何気なく再生しているとiTunesでの音源との違いに耳を自然と吸い
寄せられてしまって。まず、音が格段に良い(まあ、とりあえず配信だ!っていうのとちゃんと商品
として出されるものに差があるのは当然だが)。さらに、ちゃんとライブCDらしい緊張感や臨場感
も内包していて、数ある他のピアノ作品との違いもある。そして、きっちりと「今」の総括になって
いる・・・やはりこの時期リリースというのは正解なのか。教授さすがです。
 ただ、パッケージに関しては少々不満があって、良くも悪くもコモンズらしい「スタイリッシュ」な
作り。CDが出しにくいのはいつものこと、あまりに簡素なクレジット。せめて、なんでその公演の
その曲を選んだかのぐらいコメントがあっても良かったと思う。500曲以上の中からわずか27曲
を選んだんだからさ。そこに関してはツアーのパンフレットに付いているCDの方が楽しめたかなぁ
、あれは読み物としても面白かったし。今作に関しては純粋に音楽を楽しんで欲しいということな
のだろうか。あとこれだけは言っておきたいのだが、折込ポスターは要らないっ!

( 2009 , Live Recordings )

-関連記事-
北海道限定シングル"nord"レビュー
ryuichi sakamoto playing the piano 2009 -saitama/kawaguchi 042409 レポート
"out of noise"レビュー
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。