Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bitte Orca / The Dirty Projectors
2009年 09月 11日 (金) 21:10 | 編集

" Bitte Orca " / The Dirty Projectors

5thアルバム。ブルックリン発、男女6人組(元々はDavid Longstrethのソロ・プロジェクトで、
現在の編成になったのは前作かららしい)であるダーティー・プロジェクターズ。まあブルックリン
といえば現在のUSインディーロックの震源地とも言える場所で、Animal Collective、TV On The
Radio、MGMT、そして今年ではGrizzly Bearなどが注目されている。言わば、「ブルックリンに面
白い音楽あり」とまで言える状況になっているということ。その中でも真打といわれているのが彼
ららしい。とは言うものの、個人的にはあまりブルックリン・シーンというかUSインディー自体、俯
瞰で見られるほど聴いていないので何ともいえないのだけど・・・。だが、今作はシーンだとか
流行といったことは関係なしに、素晴らしいといえる作品だ。

2000年代というディケイドにおいて、ここまで自由と呼べる音楽、自由と感じさせる音楽が存在
することが驚きだ。サイケというのが根幹としてあり、ポスト・ロック、オルタナといったような近年
の硬い音像からフォークやカントリーのような柔らかいルーツ・ミュージックまでを網羅する。しか
もそれが渾然一体になっているというよりはびっくり箱のようで、不意に飛び出す様々な音楽性
は次の曲展開を予想させない(いきなりハードロック的なギターが鳴るのには笑った)。また、男
女のコーラスワークとリズムの相互作用による歪さが気持ちよく、中毒性がある。そして何より凄
いのが、この音楽が途方も無くヘンテコにもかかわらず、難解さに陥っていないことだ。実に無邪
気に、天真爛漫に奏でられているからこその、開放感が備わっている。これが他のバンド達とは
一線を画す所以で、これは宇宙人の仕業か、はたまた突然変異体かっていうぐらいに突き抜けた
表現に思える。まさか、2000年代の終わりになってこんな自由な音楽が出てくるとは予想も
してなくて、度肝を抜かれるとともに、心から喜びを感じる。

★★★★☆ ( 2009 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。