Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Riceboy Sleeps / Jonsi & Alex
2009年 09月 02日 (水) 11:16 | 編集

" Riceboy Sleeps " / Jonsi & Alex

シガー・ロスのヨンシーと彼のパートナーであるアレックス(男性)によるアルバム。アレックス
が"Takk"のヴィジュアルなどを手がけた人であるが、音楽も出来るとは知らなかった。とは言
っても、ヨンシーのソロという側面が強い今作。奏でられるのは想像とはあまり違わない、やは
りアイスランドの音楽である。なんとなく、"Takk"のイントロを推し進めた作風と言えるだろうか。
ビートを廃し、アンビエントに更に近づいていて、ひたすらにピュアで自然を喚起させる。また、
不意に振ってくるメロディーが、ただただ綺麗で心が洗われるよう。ロマンチックとすら言えるそ
の音を聴いているだけで、アイスランドへの憧れが自然と増幅されてしまう。シガー・ロスやビョー
クなどを聴いていて毎回思うのだが、アイスランドの音楽って言うのは何でこんなにも美しいん
だろうか。彼らの音楽って土着的な表現の極みのような気さえしてくる。
ただ、シガー・ロスとは違うのが、全編アコースティックで、音が寄り添うように優しいということ。
シガー・ロスが、現実に抵抗するノイズとして、厳しさを伝えていたのに比べると、やはり恋人同
士で作られた作品らしい幸せな感情が前面に出てきているような。良い意味で仕掛けの無い、
極上のアンビエント作品。夏は暑さを忘れ、冬には暖炉の前のような温かみを感じることが
出来るだろう。

★★★☆ ( 2009 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。