Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Street Sweeper Social Club / Street Sweeper Social Club
2009年 08月 23日 (日) 04:28 | 編集

" Street Sweeper Social Club " / Street Sweeper Social Club

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ師匠によるオーディオ・スレイヴ、ナイトウィッチ
マンに続くプロジェクト、SSSC。黒人MCブーツ・ライリーを引きつれ、久々に「あの時」のような
血沸き肉踊るギターを聴くことが出来る。やたらノリノリで変態的なギターを弾いていて、レイジ
ファンならやっぱこれでしょ!となること確実。トム・モレロ師匠はアコースティックではなくてエ
レキで無くてなならない。そしてやはりラップと相性は良くて、ブーツ・ライリーの低くて渋い声
とも中々良いマッチング。オーオーオーなど合唱が起きそうな感じや、なにやら楽しそうな音を
聴いていると、叫ぶのではない2009年現在のトム・モレロの闘争とはこうなのかという思いさえ
してくる。う~んでも、ザックのソロであるOne Day As A Lionと今作を合わせて聴いているとや
はりレイジの怪物性/伝説性がますます露わになるのも事実。レイジのスタイルが極めて高機
能なフォームとしてあったこともあって、ハイテンションなあのラップを乗せて欲しくなる(その意
味でSSSCとODAALのマッシュアップは面白そう)。やっぱりレイジの新作がどうしても聴きたい
!その思いがますます高まってくる。911とイラク戦争~オバマ大統領まで語ることは沢山ある
だろうし。結局今作をプレイしてもその後にはレイジを聴いてしまうというのが本音。ファンの飢餓
感は半端ではないぞ、トム、ザック、ブラッド、ティム!

★★★ ( 2009 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。