Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Summer Sonic 09 ( 2009.08.07 )
2009年 08月 14日 (金) 03:43 | 編集
Summer Sonic 09 @ 千葉マリンスタジアム、幕張メッセ ( 2009 .08.07 )



三年ぶりのサマソニ参戦。東京一日目のみ。ほぼNINを見に行ったようなもの。
前日まで39度を超える高熱を出していたので、あまり全力で楽しめなかったけれど、
それでも十分楽しんできた。やっぱり洋楽フェスは良い。
会場に到着してまず、NINのTシャツを購入するためにマリンへ。ほぼ並ばずに購入。

SAOSIN
最後の方だけみたのだけれど、予習がてらに視聴したものとライブの違いに愕然。
公式にある"ポスト・ハードコア・ヒーロー""スクリーモ最終型"としてはかなりパワー
不足のような。まあ新人なので今後に期待。

Dragon Ash
最初は見るつもりは全く無かったのだけれど、NINのTシャツ目当てに丁度マリンに
居たって言うのと、アウェーでの彼らのライブを見たかったというのが理由で見てみた。
で、結果としてはまぁまぁ検討していたかなと。どこに出してもそれなりに盛り上がりは
獲得できるんだね、彼らは。個人的にはセットリストにマンネリを感じざるを得なかったが。
"Deep Impact"を生で聴けたことはお得だったかな。なかなか聴けないもんねこの曲。
しかし降谷建志のMCは洋楽ファンの前ではちょっと・・・「我らが誇り高きミクスチャー・
ソング」とか言っちゃっているし。もっと淡々とやって欲しかったかな~、自分は。

65DAYSOFSTATIC
3年前にも見たことがあって、今回はどれだけ変わっているだろうか!と期待を込めて
行ったのがいけなかったのか、不完全燃焼だった。ドラムとかテクニック的なことでは
心底驚嘆するというかスゲーと思うのだけれど、こういうモグワイ的というか轟音ポスト
ロック系って、最早メタルの様式美に良くも悪くも近づいているなと。そもそも3年前との
大きな違いを見出せずに、途中で抜けた。

BOOM BOOM SATELLITES
新曲がちょっと昔に戻ったかのような良い曲だったのと、ブンブンのライブは常に素晴らし
いので最初から最後までどうしても見たかった。一応邦楽勢の中のひとつだけでも受け
いられ方は完全に洋楽のノリだったな。
ものすごく硬派な音作りなのに縦ノリも横ノリも混在していて、フェスに合致する稀有な
存在。やはりクラブ・ミュージックからロックへとシフトしているのはこういう場では大成功
に繋がる。グルーヴに磨きが掛かったライヴアレンジで"Kick It Out"、"Dive For You"
"Moment I Count"などの代表曲("Moment~"がやはり凄まじい。音源と全く違う)
を繰り出していた。始終ひたすら音の魅力だけで説き伏せる姿勢はカッコいい。

NINE INCH NAILS
見納めということで気合の入ったファンが会場を埋め尽くす。始まる前にバンド名のコール
なんてフェスで聴いたこと無いもんなぁ。自分も気合入りまくり。
でも一番気合入っていたのはやはりトレント。一曲目の"Somewhat Damaged "からして
音圧が他のバンドとは桁違い。ブンブンも凄かったけど、NINの音は剃刀みたいな鋭さを
持っているというか、ひたすらエッジが効いているというか(PAが優秀なのかな)。
"Terrible Lie"では早くもシンセをぶん投げ、 "March Of The Pigs"でも煽りまくり、この
まま終わっても伝説になりそうなステージだったけれどもこの日はこれで終わらなかった。
ピアノのインスト"The Frail"でグッと音が低くなった時、ポツポツと振った雨がいきなり豪雨
に。これがバケツをひっくり返したような雨で、スタッフが走り回ってたし、避難する人も
チラホラ。でも感動的だったのはほとんどの人がその場に残り、豪雨を体に浴びていたこと。
そこからの盛り上がりは尋常ではなくて、"Burn"、"Wish"なんかはもうカオティックな
雰囲気すら漂っていた。それを助長するような雷も鳴り、「あれここってウッドストックだっけ?」
と勘違いするほど。あっという間に最終曲"Hurt"へ。この曲を聴いているときに本当に最後
なんだという感慨が沸いてきて身震いしてしまった。この曲になるときには、豪雨がいつの
間にかパラパラの雨に変わっていて、なんかもう神様も豪雨という形で祝福しているとしか
思えなかった。間違いなく伝説のステージを目の当たりにすることが出来たと思う。
絶対に一生忘れないし、生涯見てきた中で最高のライヴだった。見納めは悲しいけれど、
それに相応しいライブだった。

01. Somewhat Damaged
02. Terrible Lie
03. Heresy
04. March Of The Pigs
05. Closer
06. The Frail
07. I'm Afraid Of Americans
08. Burn
09. Gave Up
10. The Fragile
11. The Big Comes Down
12. Wish
13. Survivalism
14. The Hand That Feeds
15. Hurt

KASABIAN
やはりトムの調子が悪かったらしい。ずっと生で見たい見たいと思っていたカサビアンだけ
れども、始まると「あれっ?」という感じになって、気持ちが冷めてしまった。やはり07年の
ライブが良すぎたのかな~(映像で見ただけだけれども)。カサビアンには悪いけど心おき
なくAFXに移動させてもらった。今度は万全の体制でのステージを見せてくれ!

Aphex Twin
正直NINで体力を使いすぎて、ヘトヘトだったので、途中で寝てしまったんだけども、そりゃ
寝るには気持ち良すぎるよこの音は。前半のアシッド、後半のドラムンベース、どちらも
踊らせようなんていうのは全く無く、ひたすらにAphex節が鳴る。"Windowlicker"なんかは
官能性もあって、最高のチルアウト。どうやら映像は凄くグロいものが流れたらしいが、
端で座って聴いていた自分には関係なし。良い形でサマソニが締められた。


とりあえず体温の低下を感じたので味噌ラーメンをほうばってサマソニ終了(このラーメン
が上手かった)。フェスの祝祭感はやっぱり良いなー。来年は三日通しで来よう、絶対。
Comment
この記事へのコメント
お疲れ様です
Somewhat DamagedとHeresyがうらやましいです!あと雨ですかね(笑)。前回の大阪も降らせたし、トレントは天候操るんですかね(笑)。今回のサマソニは日本のファンの間でずっと語りつがれることになりそうですね。

病み上がりなのにお疲れ様でした!
2009/ 08/ 14 (金) 22: 28: 01 | URL | きょん # B4Cod8qk[ 編集 ]
Re: お疲れ様です
>きょんさん
大阪の雨もトレントのせいになっていてちょっと面白いです(笑)しかし今回のサマソニは本当の伝説になりそうですね。いや、実際ぜんぜん見足りないですもん・・・もいっかい見たいです。

そうはいっても、ようやく日常の感覚に戻ってきました。良い思い出として記憶されていくでしょう。

お疲れ様でした!病み上がりはきつかったです!
2009/ 08/ 17 (月) 07: 04: 51 | URL | fafnir # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。