Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーネリアス2009
2009年 05月 28日 (木) 07:46 | 編集
ユニクロとのタイアップ(POLONOWとUNIQLO TRY)で話題になっているコーネリアスこと小山田
さん。あのCMってセンス良いよね、流れるたびに釘付けになってました。でもって最近リリース
が続いたのでご紹介。


" CM3 " / Cornelius

すっかりとお馴染みになったリミックス盤。どの曲もハーモニー、アコースティックをコーネリアス流
に音響処理しているので最早これはコーネリアスのアルバムってことで良いでしょ。Point以降の
コーネリアスの音楽がこれでもかと聴ける。Sketch Showや坂本教授など比較的融和が出来る
音楽も、Bloc Partyのような癖の強いやつも、Mondo Grosso feat. BoAのようなメジャー感のある
やつまで全て手のひらに乗せられるって言うのはすごいなぁ。とはいえコラボレーションって言う
視点から考えると、化学反応っていうのはほぼ無いと言ってもいいんだけどね。


" Ultimate Sensuous Synchronized Show " / Cornelius

iTunesで配信中。最新ツアーのライブ音源。コーネリアスってずっと計算が上手い人だと思って
いて。いろいろな音楽を聴いて良い部分を分析して、設計する、いわば技術で音楽をやっている
印象があった。でもこのライブ音源を聴いて(今までコーネリアスのライブを見たことが無かったし
、音源も聴いたことが無かった)やはりセンスで音楽を作っているのだと実感。確かに緻密な音
像ではあるし、映像と同期させたりしているので、計算の部分もあるのだろう。でもちゃんとライブ
感というか熱も内包していて、スタジオ音源には無い肉薄した響きがある。たまに出るワンポイン
トのフレーズだとかそういったものにおぉ~ってなるね。彼の音楽を興味深く思ったことはあって
も実は心底感動したことって無かったんじゃないかとも思うので、こうして違う面を見られたのは
良かった。


" SENSUOUS SYNCHRONIZED SHOW (DVD) " / Cornelius

となるとやはり映像と合わせて見たいところなんだけど、今のところ購入の予定は無し。
Blu-rayなら間違いなく買ったんだけどなぁ・・・。やはりお金を払って地デジよりも低画質
なものを見るって言うのは躊躇する。邦楽のアーティストってBlu-rayに無頓着なのかな。
洋楽だともう結構タイトルが揃ってるんだけどねぇ。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。