Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂本龍一 (2009.04.24)
2009年 04月 25日 (土) 16:18 | 編集
・坂本龍一 @ 川口総合文化センターリリア メインホール (2009.04.24)
ryuichi sakamoto playing the piano 2009 -saitama/kawaguchi 042409




自分は今後追い世代として必死にYMO関連を貪り聴いているわけだが、教授に関して
は(現段階では)「取っ付きやすいけど分かりにくい」という認識でいる。教授の音楽を真
剣に聴く前から有名曲は知っていたのだが、知れば知るほど分からなくなってくる。恐ら
く色々なジャンルに手を出しているのに加えて、アカデミックな音楽もあり、それを捨てる
音楽もあり、全体を把握しづらいからだと思うのだが。だから"Chasm"以降のソロ(勿論
新作も)、fenneszやalva noteとのコラボレーション、David Sylvian/Steve Jansen兄弟
のNine Horsesなどを中心に聴いていた。一番若造の耳には馴染みやすいもので。これ
から書くレポートはそういう聴き方をしているやつのレポートだと思って読んで頂きたい。

このコンサートの感想を一言で言えば「音楽に集中できた」という簡潔なものになってしまう。
というのも最近は特に忙しくて音楽を聴いていても聴いているような気がしなかったから。耳
から耳へ通り抜けてしまうようなそんな感覚でいたのだけれど、コンサート中は耳のみならず
全身を傾けるようにして聴いてしまった。これは生だからというのもある気がするけど、コンサ
ート形式、そしてピアノソロというのも大きく関係していると思う。ピアノというのははとても残
響が残る楽器で、その余韻で空間を満たしてしまう凄さがあるのだということを初めて体感し
た。しかもそれはコンサートホールでしか味わえないんだね。もっと言えば例えばピアノが点
で、その外には膨大な余白が存在していて、その余白を堪能しているというか(あまり上手く
換言できてないけど)。で、それはなんとなくエレクトロニカの残響とも通ずるものがあるのか
もなっていうことを思ったり。今後fennesz+sakamoto名義の聴き方が変わるような気がする。
でも勿論旋律そのものに感動するものも多かったし、そういう曲では存分に教授の作曲能力
の凄さを実感した。まあ兎に角贅沢な時間を享受できたということで。

もっと眠くなるかと思っていたのだけど、蓋を開けてみれば一切そんなことは無かった。
手元がしっかり見えていたというのもあるかもしれないけど、多分一番の理由は前述したよう
な初の音楽体験が出来たからかな。咳すらしないように、服の擦れる音すらしないように
静かに座っていたけれど、体はアドレナリンが充満するような熱を帯びていた。

そして24時間以内音源itunes配信、もちろん入手。こういうのは思い出になるね。
会場ではツアーパンフレットを入手。5000円と中々値段の張るものだけど、CD2枚付いている
し、ブックレットの内容も盛りだくさんなので、ファンは購入必須。↓コレ。

ryuichi sakamoto playing the piano 2009_out of noise tour book CD


-Set List-
01. glacier
02. Improvisation
03. to stanford
04. hibari
05. compositon 0919
06. SELF PORTRAIT
07. Perspective
08. 1919
09. ゴリラがバナナをくれる日
10. tamago
11. mizu no naka no bagatelle
12. energy flow
13. asience
14. normandia
15. koko
16. ambiguous lucidity
17. aubade
18. put your hands up
19. behind the mask
20. tibetan dance
21. thousand knives
22. aqua
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。