Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
out of noise / 坂本龍一
2009年 04月 05日 (日) 05:04 | 編集

" out of noise " / 坂本龍一

前作"CHASM"から五年ぶりとなるアルバム。聴く度にあまりにも印象が違うのと、ざっくり
分けてアンビエント/ノイズ系の作品であるため(安易にジャンル分け出来ない作品ではあ
るのだけれど)、非常に文章化しにくい作品である。最初に聴いた感触ではリズムの曖昧さ
や音の重ね具合が生理的に気持ち悪いと思い、聴き込むうちに色っぽさや美しさを感じるよ
うになり、最近では緊張感が一番前に出ているように思える。最終的には全部正しいんだと
自分に言い聴かせるようになった。インタビューを読むと今作がフィールドレコーディングを取り
入れていること、そして生け花のように曲が構成したということが分かる。前者はそこまで重
要ではないと思う。何故なら、鳴っているその音自身よりもその音の重ね具合の相互作用だ
とか、鳴ったあとの響きに注目した方が面白いと思うからだ(この辺は"トニー滝谷のサントラ
と合わせて聴くとなんとなく成る程と思う)。そして妙に今作が納得できるような気にさせられ
たのが「生け花」という言葉。この静観さ、美しさ、緊張感、静かな情熱を表すような見事な比
喩であり、今作をとっつき易くさせるキーワードになりえると思う。また、今作がフィールドレコー
ディングを取り入れた作品であるのに、自然を喚起させる方向ではなく思考させるアルバムに
なっていることもこの言葉で言い表せるような気がする。アンビエントでありアンビエントにあら
ず、現代音楽では勿論無い、きちんと主張が入っている、坂本龍一が見えるようなアルバムに
なっているのが面白い。幸宏さんが今作を「ポップ・ミュージック」だと評していたのはその辺が
理由かもしれない。幸宏さんの"Page By Page"と交互に聴いていて痛感するのだが、本当に
この人達は枯れないなぁ。

★★★★ ( 2009 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
試聴 試聴 教授がいま純粋に作りたかった音。なんだろうなあ。 編集盤やサントラ、他アーティストとのコラボが多い人なので久しぶりな感じはしないのだけれども、オリジナルアルバムとしては、『CHASM』以来約5年ぶりとなる新作。ピアノ作品との前情報もあったが?...
2009/04/08(水) 13:56:59 | SINGSTYRO*musicblog
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。