Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VOLT / 吉井和哉
2009年 03月 28日 (土) 04:40 | 編集

" VOLT " / 吉井和哉

5thアルバム。「アメリカで本当のロックが鳴っちゃったんだよ」("フロリダ")とはしゃいでいる
通り、吉井和哉としての音楽がひとつ違う地平へ行ったという新鮮さと興奮が詰まってる作
品である。そもそも後期イエモンから前作までは、イエローモンキーという呪縛の解体と鳴ら
したい音を模索しているという苦労の道筋であったから、この音が鳴っちゃえば、このはっちゃ
けっぷりは至極当然といえる。これが俺の求めていた音だ!と宣言し、疾走する"ビルマニア"
など基本は骨太なロックを奏でながらも、ブルースやプログレなど彼のルーツと思われる曲な
どでは独特の歌詞が冴え渡る。そして嬉しいのは彼の持ち味でもり、得意技でもある歌謡曲
的なメロディーが今まで以上に押し出されていること。こういうメロディー一つ取っても吉井和哉
という人間が良く滲み出ていて、個を主張する強力な武器になっているので、現在の邦楽ロッ
クに足りないのはこういう滲み出る人間性だよなとか思ったり。そして何よりも凄いのはこれが
あっけらかんと日本のロックとして鳴ってしまっていることで、葛藤していたイエモンと対比して
聴くとなんだか泣けてきそう。少々毒が足りないかなということと(いつも彼の作品には鋭い視
点があったので)、図太すぎて大味すぎるかなという問題点というか好みの問題があるにせよ、
今の邦楽ロックにおいて今作は頭一つ出ていることは間違いない。

★★★☆ ( 2009 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。