Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FREEDOM / Dragon Ash
2009年 03月 16日 (月) 04:47 | 編集

" FREEDOM " / Dragon Ash

8thアルバム。バンドが常に語ってきた自由という言葉を冠しただけはあって、ここ数作
の中で、否、過去最高に風通しの良いアルバムになっている。まず前提としてあるのは月イチ
レコーディング。普通のバンドならまずやらせてもらえないであろうこの形態をとることによって、
個々の曲が練られていて粒の大きさが感じられる。久々に全開する歌謡曲まで振り切ったメロ
ディー、曲構成、軽快さなど本当にバンドとして良い状態なのだなと思わせるには十分な出来。
ただ結局、このアルバムが鳴らしているのは勝ち取る自由ではなく、自由というぬるま湯に浸か
った責任逃れに過ぎないと思う。このアルバムを聴いていて新たな発見だとかそれに対する
興奮といったものは一切無い。象徴的なのがディストーションの復活だ。シングル曲以外のほぼ
全ての楽曲において、ここぞという時にラウドなギターが鳴る。「過去の作品から逸脱したい」、
「ディストーションを用いずとも余りあるアッパーなものを目指したい」、その意思で進んできた
近年の彼らの音楽的成長を無駄にしてしまう恐れさえある選択である。確かにディストーション
は盛り上がるだろうが、あまりにも安易ではなかっただろうか。それに加え、基本的にはラテン
路線を継続しており、ほとんどのサウンドは過去のアルバムで実践されていたことである。
ドラゴンアッシュが変わり続けていたのは、自らの音楽に対して再定義/革新を行うことによって、
オルタナティヴであり続けるためだ。それなくしてドラゴンアッシュはドラゴンアッシュ足りえない
と思うのは驕りだろうか。おそらく他にこんな音を出せるバンドはそう居ない、その点では評価
したい。だがバンドの歴史で見れば駄作以外の何物でもない。大好きなバンドに対してこんな
ことを書かなければならない自分とは裏腹に、この自由はあまりにも能天気に鳴る。

★★★ ( 2009 )
Comment
この記事へのコメント
時々ブログ見てます。
自分もDragon Ash好きです。

アルバムを頭から通して聞くのが好きで
Rio de emocionやINDEPENDIENTEをよく聞いてます。

Freedomは、Fafnirさんと同じ意見です。

好きだからこそ、残念。
2009/ 03/ 17 (火) 21: 56: 22 | URL | JK # -[ 編集 ]
Re: タイトルなし
お越しいただいて有難うございます。

自分も前作、前々作は名盤だと思います。今でも聴きますね。
だが今回は・・・もうあまり聴くことは無いでしょうね(笑)
ライブに行く予定なので予習した方が良いんでしょうけどね。
でも聴いていると悲しくなってくるので・・・。

また、遊びに来てください。
2009/ 03/ 19 (木) 20: 40: 32 | URL | fafnir # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。