Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Invaders Must Die / The Prodigy
2009年 02月 27日 (金) 01:08 | 編集

" Invaders Must Die " / The Prodigy

5thアルバム。昨今のニューレイヴ勢の席巻もあり、元祖レイブを牽引していたプロディジー
に対する再評価が起こっている。キースとマキシムの強烈なヴィジュアルもあって、若干色
物バンドとして認知されていた感もあるので、ここへ来てリアムの類まれな音楽センスが評
価されているのは喜ばしい。そんなベストなタイミングでのアルバム投下。王者の王者たる
所以をこれでもかと見せ付けている。まず、ビートの路線は基本的には"the fat of the land"
を踏襲。だがプロディジーのビートがマッシヴでありつつも、大味ではないのは言わずもがな。
幾重にもビートが緻密、精緻に重なり、凶暴であるが実に計算された構築美を持っている。
そして初期のファンには涙モノのぶっといシンセ、ひいてはレイヴ・サウンドが上に乗せられて
いる。だがそれが懐かしさを漂わせるだけでなく、前述のビートに巧みにブレンドされている
のは流石。というかシーンも一周してきたのか、こういうサウンドが耳に自然と馴染むのかも
しれない。もちろん、そんなリアムの天才的なプロダクションの上で、マキシムとキースが暴
れまわる。彼らも攻撃的なプロディジー・サウンドの重要な要だ。このように、今作はプロディ
ジーらしさというものを、アルバムという形に理想的に落とし込めることに成功しているアルバ
ムで、入門盤にして必聴盤と言えるだろう。ニュー・レイヴ勢は特に意識していないとリアム
は言っていたが(もちろんサウンド自体はチェックしてるけど)、意識せずともそれらの人達と
の格の違いを見せ付けたのではなかろうか。復活を確信する充実作。ただ、今作が良すぎる
からって、前作を無かったことにされるのだけが恐い。あの作品で自分達の位置やメンバー
との関係性/友情を再確認したからこそ、今作が生まれたのだから。

★★★★☆ ( 2009 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。