Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SERIOUS JAPANESE / Teriyaki Boyz
2009年 02月 04日 (水) 16:10 | 編集
teriyakiboyz_seriousjapanese.jpg
" SERIOUS JAPANESE " / TERIYAKI BOYZ

2ndアルバム。MCのILMARI、RYO-Z、VERBAL、WISE、DJのNIGOを揃えて酉年
にデビューした彼ら。恐らくほとんどの人は企画モノとして認識していただろうし、また
彼ら自身もその自覚があっただろう。だから2作目が出るなんて思ってもみなかった。
正直言って前作に関しては「外国産トラックに日本語ラップを乗っけてみました」以上
の価値は見出せなかったし、今作も事前情報で「今回のプロデューサーのグラミー賞
総数は20個!」なんて謳っていたので(映画に関してもそうだけど興行収入とかタイア
ップなんて受け手には関係ないよね)、全く期待してなかった。が、しかし今作は前と
は違う。以前よりもビルドアップされた日本人らしい遊び心と、日本語ラップの蓄積、さ
らには独自性さえも感じさせるものに仕上がっている。まずリリックが良い。「ワッショイ」
、「タモさん」、「アートネイチャー」など確実に外国人に伝わること考えてないでしょ?っ
ていう痛快さと、トラックへの乗り具合が歪で面白い。更にアド・ロックなども日本語ニュ
ース風のネタと被せていたり、有名ラッパーへの配慮の無さが素晴らしい。単なるネタ
として使ってしまえ!という気概というか、まずは日本語ラップありきというか(さすがに
カニエとバスタ・ライムズの巧さには腰が引けているような気もするが・・・)。他にもテイ
・トウワ、コーネリアスを起用したり、ちょっと叙情性を出してみたりとか、実に隙が無い。
とにかく全編遊び心満載で、あっという間に最終トラックまで行き着いてしまう。やってい
ることは全く違うがアメリカとは別の視点のHIPHOPという意味でゴリラズを喚起させる。
要はそれぐらい面白いってこと。ただ贅沢を言えば、もっと日本人ラッパーとも共演して
日米HIPHOP祭り的なものにすればもっと面白かったかなと。まぁテリヤキのコンセプト
から外れるような気もするし、制作の制限もあるだろうし、只の夢物語なのだけどね。

★★★★ ( 2009 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。