Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Black Sea / Fennesz
2008年 12月 22日 (月) 01:45 | 編集

" Black Sea " / Fennesz

4年ぶり、4thアルバム。ウィーン出身の電子音楽家、クリスチャン・フェネス。エレク
トロニカを愛聴する人には傑作"Endless Summer"で既に良く知られている人である。
また、近年ではデヴィッド・シルヴィアン、坂本龍一との共作や、YMOのサポートとし
てツアーに参加したりと、徐々に知名度を上げてきているはず(?)勿論、自分も彼の
音楽には数年前から既に虜になっていて、現在のエレクトロニカの最高峰だという確
信さえもあったりする。彼の音楽の素晴らしさはずばり、「感情」だ。基本的にラップト
ップとギターを中心に構成されたまさに電子音楽なのだが、フェネスのセンスによって
重ねられたその音には様々な感情が宿る。それは恍惚、郷愁、孤独、耽美、退廃、
などを自分は感じるのだが、恐らく人によって感じ方は様々だろう。つまり、それだけ
の受け皿があり、深みがあるということ。さて、今作だが、やはり素晴らしい。ノイズ、
ギター、アンビエントがこんな美しい重なり方をし、渾然一体と世界を構築する音楽は
この人の手によってしか生み出し得ない。フォークトロニカなんていう狭すぎるカテゴラ
イズは言うまでも無く、引いてはエレクトロニカというカテゴライズさえ勿体無いと思える
ほど、独自で、孤高な、仙人みたいな音楽だ。さらに今作では坂本龍一との共作
"cendre"の影響もあって、耽美やロマンチシズムが一回り増幅された感もあり、
それもまた素晴らしい。アートワークも相変わらず良い。紛うこと無き天才の作品。

★★★★★ ( 2008 )
Comment
この記事へのコメント
質問なんですが、
こんばんは。
記事を読んでこのアーティストに興味を持ったんですけど、コレって歌モノですか?
(ホントすいません、電子音楽とかぜんぜんわかんなくて。汗)
2008/ 12/ 22 (月) 19: 49: 10 | URL | timbre.. # -[ 編集 ]
>timbleさん
歌は一切無く、曲も10分間あったりするので、もしかすると人を選ぶ音楽かもしれません。でも自分は他の作品では聴くことが出来ない音像を持っているのでオススメします。あとエレクトロニカというと「冷たい」音色を思われるかもしれませんが、フェネスのは思ったよりもオーガニックですよ!

個人名義よりfennesz+sakamoto名義の方が聴きやすいかもしれません。
2008/ 12/ 23 (火) 14: 43: 28 | URL | fafnir # eqP7eH0Y[ 編集 ]
なるほど。。
以前、wegの記事でお世話になりました。今ではwegの虜状態なんですが(笑)それとも違う感じなんでしょうね…(そもそもweg自体エレクトロニカにはくくれませんが)
ちょっと調べてみたいと思います。ありがとうございました!
2008/ 12/ 23 (火) 20: 46: 44 | URL | timbre.. # -[ 編集 ]
>timbreさん
wegとはちょっと違う感じですね。自分もそこまでエレクトロニカは詳しくないけど、年々掘り下げて行っている感じです(笑)

今年もよろしくお願いします!
2009/ 01/ 02 (金) 16: 11: 19 | URL | fafnir # eqP7eH0Y[ 編集 ]
初めまして。

レヴューを拝見させて頂きました。

僕も彼は天才だと思います。
2009/ 10/ 16 (金) 01: 22: 45 | URL | # -[ 編集 ]
お越しいただいてありがとうございます。

fenneszはまさに天才ですよね。独自性かつ、開かれた音楽であると思います。ウィーン出身って言うのが面白いですね。
2009/ 10/ 22 (木) 03: 12: 39 | URL | fafnir # eqP7eH0Y[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。