Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RETURNS / SBK
2008年 12月 16日 (火) 00:00 | 編集
sbk_returns.jpg
" RETURNS " / SBK

時代の二歩先へ行って自分らしさを見せるも、その後思いっきり転倒した"Red
Flash"から4年。意外にもSBKが帰ってきた(絶対帰ってこないと思ってた)。タイ
トルも"RETURNS"、まんまである。そして実際に聴いても確かにSBKらしい要素
が散りばめられている。mold、the samosの流れを汲んだ、エレクトロ、ニューレイ
ヴ、ミニマルで構成されたトラックに、SHUN&SHIGEOのラップ。全曲その範囲を超
えないので「一辺倒過ぎる、もっと雑多にしてくれ」と思わなくも無かったが、聴い
ていると「そうそうこれこれ!」と興奮してしまったので素直におかえりと言いたい。
何はともあれ、SHIGEOが無記名性の世界から記名性へ這い上がってきてくれた
だけでも嬉しい。祝福祭にはVerbal、PES、降谷建志、片瀬那奈が参加。フィーチャ
リングの曲はどれも生彩さがあって、アルバムの良いアクセントになっている(降谷
建志にエレクトロのトラックでラップをさせたのは偉い!)。ただ本人達が語る「ポッ
プスとの対峙」が上手く機能しているかは微妙。SHIGEO曰く、「最近はなんでもあり
の世の中だから、今なら受け入れてもらえるかもしれない」とのことだが、今流行の
音楽の「なんでもあり」と、SHIGEOの考える「なんでもあり」には差があると思うのだ。
多分もっと売れるためには、もっともっと下世話に、貪欲にならなきゃならないと思う。
確かにこのアルバムにも良い意味での下世話さはあると思うのだが、センスが良す
ぎるし、緻密すぎるし、頭でっかちだし、何よりカッコよすぎるのだ。もちろんそれが悪
いことだとは思わないが、今の時代にSBKのなんでもあり感は受け入れられないだろ
う。時代への意識をしたことで全体に漂う「三歩進んで二歩下がる、でも一歩は進ん
でる」的な空気感ではなく、今後は「一気に二歩三歩先にジャンプしてみました」って
いう作品を期待。ポップさは狙わなくても彼らには備わっていると思うし。

★★★ ( 2008 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。