Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NEXUS4 / SHINE / L'Arc-en-Ciel
2008年 08月 30日 (土) 02:17 | 編集
larc_nexus4_shine.jpg
" NEXUS4 / SHINE " / L'Arc-en-Ciel

33thシングル。"Kiss"の時のインタビューでkenが「このアルバムで鳴っている全て
の音が好き」というようなことを言っていたと思うが、確かにあのアルバムの音は個々
が主張しているにも関わらず互いをかき消すことなく生彩さを保った素晴らしいものだ
った。トータリティやコンセプトと言うよりも、楽曲第一主義的なものが貫かれていたと
も言える。今作もその延長線上にあると思う。現在のhydeの歌声が凄まじいのは当然
として(15周年ライヴ以来ずっと上手いんだよなぁ、逆にどうしたんだろうか)、他のパ
ートが奏でる音も心地良い。"Nexus 4"が疾走感や勢いというものを眩しいぐらいの明
るさ表現したラルクの中では割と珍しい楽曲だとしたら、"SHINE"はラルクが昔から持
ち合わせてきた妖艶さや煌びやかさを現在のモードで表現した楽曲。hydeらしからな
ぬ極めて直線的な歌詞が弾ける前者も面白いとは思うが、やはり軍配が上がるのは
後者だろう。この世界観こそラルク!と誰に向かっては分からないが叫びたくなる。
"叙情詩"、"MY HEART DRAWS A DREAM"と肩を並べる、現在のラルクのモードが
しっかりと提示された名曲がもう一つ生まれた。こういう曲がポンと出てくると言うことは、
きっとバンドの状態は凄く良いのだろうと思われるので、活動が縮小するのは勿体無い。
まぁ昔からそうやって世間を煙に撒くのが彼らなのだけどね。

( 2008 . Single )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。