Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Third / Portishead
2008年 07月 24日 (木) 13:04 | 編集
portishead_third.jpg
" Third " / Portishead

11年ぶりの3rdアルバム。このジャケットのやっつけ具合が長い歳月に対する彼らの答え
かもしれない。11年ぶりとはいっても本人達に休止しているという自覚は無く、「ごく自然な」
インターバルだったそうだ。彼らの完璧主義とマイペースさには全く恐れ入る。「いつか出して
欲しい」と半ば妄想のような期待を抱いていたら、実際に出てしまった今作。片耳から片耳へ
そのまま抜け出しているような気がして、かなり長い間作品と向き合うことが出来なかった。
彼らの作品に対する覚悟とは裏腹に、リスナーとしての覚悟が足りなかったようだ。もう既に
かなり再生回数を重ねた今、漸くおぼろげに作品が見えてきた気がする。

まず、作品の手法が今までとは大きく異なる。サンプリングを用いたジャンルのるつぼ的な
手法からは一転、今作は生音が主軸に作られた一見シンプルにも思えるサウンドに。でも
何故かシンプルに思えないのは、ベスの狂気が増加したような歌声が凄まじいから。何か
もう、厭世というのを超えた、闇そのものが語りかけてくるようなゾクゾクとした感触を持って
いる。この作品を支配する闇が、長いインターバルでも一切埃を被っていないのは驚きだ。
これほどまでに「暗い」作品は今後数年無いだろう。もしかすると様々なサウンドテクスチャ
ーに隠されていた過去の作品よりも、数段暗いもの、ディープなものとなっているかもしれな
い。数々のフォロワーを煙に撒くような新たな手法とポーティスヘッドの作品に対する誇りを
目の当たりに出来る、歴とした「ニューアルバム」である。でも正直まだ半分も理解しきれて
いないと思う。リズムに対する違和感、闇を受け止める心の覚悟が足りない、同時代性が
無さ過ぎる、様々な理由があるとは思うが一番の理由はこれが冬に出なかったことだと思う
(大真面目に)。これから暑くなってくる、もしくは既に暑い、そういう時期にこれを引っ張り出
しては聴かない。今はまだ評価できる時期ではない、これから長い期間を掛けてじっくり向き
合っていかなければ。もしかすると、次作までそんなに時間はないかもしれないが。

( 2008 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。