Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私と放電 / 椎名林檎
2008年 07月 18日 (金) 00:28 | 編集
shinaringo_watashitohouden.jpg
" 私と放電 " / 椎名林檎

椎名林檎ももう10周年である。それを記念する形で発表されたのが今作、カップリングベスト
である。嫌でもシングルベストは出さないという姿勢が伺える。同時発売の"私と発電"という
クリップベストの方がよりベストらしいとは、いかにも彼女らしい。というのも彼女ほどアルバム
のコンセプトを大事にしている人はいないわけで、シングルを寄せ集めて聴いただけでは本当
に一面しか見えないからだ。でも彼女自身も「遊び場」と定義しているカップリングなら(こういう
風に解釈しているアーティストは多い)、トータリティーは始めから問題にならないし、かえって
彼女のバックボーンの豊かさを物語る。「女性」という立場からの鋭利な歌詞、ジャズや歌謡曲
の匂いの感じられる世界観、グランジなど洋楽オルタナティヴからの影響、何処と無く危うさを
持ち合わせた歌声。でもそれらが散漫に聴こえるのではなく、全て椎名林檎らしさというのを
演出しているのが凄いところだ。カップリングという「遊び場」ではそのバラバラ具合に拍車が
掛かっていて更に面白い。いちいちクオリティーが高いのは勿論、天晴れなぐらい統一感が
無い。本当に音楽が好きで、本当に天才なんだなこの人と再認識してしまった。最近の表現
の自然さを見ると、これからも作品を提供し続けてくれるに違いない。むしろ、これからの方が
楽しみかも。とりあえず、10周年おめでとうございます。

( 2008 , Best of )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。