Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Opiates Revised / Thomas Feiner & Anywhen
2008年 07月 05日 (土) 15:43 | 編集

" The Opiates Revised " / Thomas Feiner & Anywhen

2001年に発表されたアルバムの再発盤。恐らく、このトーマス・フェイナーという人の情報に
関しては、日本でほとんど知られていないと思うので(かくいう自分も知らなかった)、再発し
た経緯を書いてみよう。スウェーデン出身のトーマス・フェイナーは元々エニーウェンと
いうバンドに在籍しており、1993年にデビューしている。その後セカンドアルバムを発表、そし
てエニーウェンの3rdとして制作されたのがこの"The Opiates"。とはいってもメンバーがどん
どん抜けていって最後はトーマス・フェイナー一人になってしまったそう。エニーウェン時代は
小さな注目を集めていたらしいが、世界的にはまだまだ無名に近かった。しかし、映画『青い
棘』で起用され、デヴィッド・シルヴィアンがこの映画を見てその声に感銘を受けたことから事
態は変わっていく(デヴィッドも凄い声の持ち主だけど)。そして記憶にも新しいのが、去年発
表されたスティーヴ・ジャンセンの初のソロ・アルバムへの参加だろう。そこでも渋みのある素
晴らしいヴォーカル・ワークを披露している。そして漸く、デヴィッド・シルヴィアンのレーベル、
サマディ・サウンドからこのアルバムが再発された、というわけである(アートワークもデヴィッ
ドシルヴィアンが担当)。この才能を再び世に発信したサマディ・サウンドは最大級の賛辞を
送りたい。だってこれは埋もれさせてはいけない作品なのだから。

やはり、まず耳が行くのはその声だろう。トム・ウェイツなどを連想する深く、味わい深い歌声。
低音が良いのは勿論、中高音には独特の艶やかさ、切なさもある。デヴィッド・シルヴィアンや
ルーファス・ウェインライト並みに良い声(分かる人はその意味が分かるでしょ?)。そしてまた、
厭世的で詩的な歌詞や、ソングライティング、アレンジも秀逸。特にアレンジは製作の間に
メンバーの形態が変わっていったこともあって、実に様々。バンドサウンドのアグレッシヴネス
と、ストリングスによる壮大さを兼ね備えた楽曲はおそらくバンド時代からの延長線だろう。これ
がまた素晴らしいわけだが、自分がとりわけグッと来たのは、音数が少ない、トーマス・フェイナ
ーの独白のような楽曲だ。音数が少ないことによって、ヴォーカルの凄まじさが浮き彫りになり
鳥肌必死の楽曲となっている。全体を通して、デカダンスと耽美な世界観を感じさせる、まさに
"The Opiates"。既に中毒化していて、しばらくヘヴィー・ローテーションから離れそうに無い。
ただ、ひとつ気になるのは今後の展開。ちゃんと作ってるのだろうか。絶対届けて欲しい。

★★★★★ ( 2008 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。